経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年9月のイベント(アサノの記録) | TOP | 2013年10月のイベント(アサノの予定) >>
2013年夏 ベトナム親子旅行 4日目フエの怪しい路地裏(フォングラーオ通り)
DSC04469.JPG
 ひと眠りしたら、日が暮れて来た。
DSC04470.JPG
 エアコンの効きが弱いので、やっとホッと出来る。
DSC04471.JPG
 日が落ち切ったら、夕食を食べに出よう。
 今日は、かなりハードな1日だったな。
DSC04462.JPG
 東南アジアのシャワールームは、知らないと水しか出ない場合がある。
 昼間は水が水道管の中で熱せられてぬるかったの平気だったが。w
 夜はどんな熱帯でもホットシャワーは必要だ。
DSC04459.JPG
 あったあった、温水器のスイッチ。
 これをON!
DSC04460.JPG
 おお、ついたついた。
 温水器が作動しました。
 しばらくして、お湯が貯まったらホットシャワーが浴びれます。
DSC04468.JPG
 天井は妙に素敵なレリーフになってる。
DSC04466.JPG
 お約束のヤモリも登場。ww
DSC04472.JPG
 今回の旅で、めちゃくちゃ重宝したグッズ2点。
 ユニクロの新素材ポロシャツと手術やエステ用の高級(不織布)紙パンツ。
 どちらも、洗面所で洗濯して、バスタオルで丸めて踏みつけて、ハンガーにかけておけば1〜2時間で着て出かけられるほどに乾いてしまう。
 なので、毎日facebookに上げていた写真を見て、東京にいる妻が「毎日おなじ服きてる。」と笑っていた。昼寝中に乾いていたのだよ。
 そのため、持って行った衣料の3分の2は着ないで持って帰って来た。w
IMG_1670.jpg
 日が暮れて涼しくなって、カホちゃんも体調が回復して来たようなので、外に出て来た。
 どこに行くかは、ちゃんと昼間に一人でオリエンテーション済み。w
01.jpg
 私達のホテルやバックパッカー街は赤丸の辺り。
 バックパッカー街は2本の通りからなり、狭い行き止まりの路地が安宿街で、大きいフォングラーオ通りというのがミニホテルとバーがひしめいている。
 私達のホテルは、その上のフーン川から支流が右に曲がった岸辺に建っています。赤丸の右上部分。
IMG_1671.jpg
 まずは狭い路地に入ってみた。
IMG_1672.jpg
 なにか怪しげですが、その手の旅館街ではない。w
IMG_1673.jpg
 奥が行き止まりで、安宿が軒を並べる。
IMG_1674.jpg
 若い子達なら、泊るのはこの辺りでしょう。
IMG_1675.jpg
 フエでは、日本人の貧乏旅行者には日本語を話すスタッフもいるオリジナル・ビンジュオン 1というゲストハウスが有名らしいが。
 場所も悪いし、サービス過多という話も聞く。
 中級者なら、このフォングラーオ通りに来て日本人のいない宿に泊りなさい。w
IMG_1683.jpg
 大通りに出ると大きなバーがある。
 そこからがフォングラーオ通りだ。
IMG_1684.jpg
 最初に目につくのが「フエ・バックパッカーズ・ホステル」。
IMG_1685.jpg
 今度はこの辺りに泊りたいと言うカホ。
IMG_1687.jpg
 欧米人は、こういう宿好きだよね。
IMG_1688.jpg
 バーがずらっと並ぶ。
IMG_1691.jpg
 並ぶ。
IMG_1693.jpg
 「Sports Hotel」って何だ?
IMG_1694.jpg
 ツーリストオフィスも沢山ある。
 ツーリストには「シンカフェ」が有名。
IMG_1695.jpg
 しかし、レストランも多いね〜。
 誰が食べるんだろう。
IMG_1696.jpg
 やっぱり日本人って貧乏なんだと思う。
 経済がどうのこうのと言っても、欧米人はお金持ってるよね。
IMG_1697.jpg
 そろそろお腹が空いた。
IMG_1699.jpg
 通りの外れの雑貨屋にたむろして飲んでる現地の人たち。
 こんなに人前で飲む東南アジア人はベトナム人だけだと思う。
 彼らはよく飲む。w
IMG_1709.jpg
 屋台で鶏めし食いたかったんだけど。
IMG_1706.jpg
 カホが頼んだフォーを2杯持って来た。。
 やむなく食べたが、ちょっと足りないかな。
 朝、バインミー1個食べただけだからね。
IMG_1717.jpg
 バーがHappy Hourやっているので、条件の良い店を探して入る。
 この店は時間帯が長いのと、ビールが安い。
IMG_1713.jpg
 WiFiがガンガン繋がるので、居座る。w
IMG_1715.jpg
 ビール5000ドン(25円)ぐらいで、1本買うともう1本ただだった。ww
IMG_1725.jpg
 凄いね、コンビニがあるよ。
IMG_1724.jpg
 ポッカの烏龍茶が23000ドン(115円)、バーのビールより高い。w
IMG_1722.jpg
 わさび人気です。ww
IMG_1726.jpg
 たまにこういう最新式の店に入ると、心が和む。w
IMG_1728.jpg
 だんだん夜も更けて、盛り上がって来たね。
IMG_1731.jpg
 目を付けていた川べりのバーに来てみた。真っ暗。。
IMG_1744.jpg
 途中に明るい所があって良かった。w
IMG_1738.jpg
 どうも外人相手ではなく、地元民御用達のようだ。
IMG_1737.jpg
 おお、川べりにテーブルがあった。
IMG_1755.jpg
 レストランらしいが、ビールだけ飲む。
 もうかなり酔っぱらった顔してますね。w
IMG_1746.jpg
 対岸の夜景が美しい。
IMG_1758.jpg
 およよ、足元を釣り船が。。
IMG_1748.jpg
 ここにもヤモリがいっぱい。
IMG_1760.jpg
 川もドブ臭いし、ヤモリも多いので、そこそこで退散。w
IMG_1764.jpg
 またフォングラーオ通りに戻って来た。
IMG_1765.jpg
 ベトナムの女性はスレンダーだね。
IMG_1763.jpg
 あれれ、この人達まだ飲んでる。ww
IMG_1768.jpg
 こんな夜中に、なんの服を売っているのか?
IMG_1770.jpg
 またディスカウントの値踏みをして歩く。w
 行動としては1人旅と変わらん、不良親子だ。
IMG_1781.jpg
 ここにしよう。
IMG_1774.jpg
 この店は居心地が良かった。
IMG_1772.jpg
 モヒート。酔っぱらっているので正確では無いがハノイよりは美味かった。下の上。
IMG_1780.jpg
 モヒート2杯飲んで、1杯無料。
 100とは100Kなので10万ドン(約500円)。良心的です。w
IMG_1783.jpg
 若者のグループが飲み屋の前に立っているのは、日本の居酒屋でも同じ。ww
IMG_1788.jpg
 大通りに出るところの「DAZ Bar」。
 そろそろホテルに戻ろう。
IMG_1799.jpg
 ホテルに戻って来て。
 カホちゃんはフロントのソファでWiFi使うと言うので。
 私は小腹が空いたので、近くの食堂へ。
IMG_1798.jpg
 おばちゃんが「火を落としちゃったから麺類は無いよ。」と言うので。
 床にあった鍋を開けたらスープがあったから、冷や飯にかけてもらい。
 残った惣菜を見つくろってお皿に盛った。
IMG_1789.jpg
 スープめしは美味い!
IMG_1796.jpg
 めしを食いながらおばちゃんとテレビを観ていたら、はだかんぼうが入って来て前に座りやがった。
 なんだか小学生の頃近所にあった皆で野球や大相撲を観ていたラーメン屋のテレビを思い出した。
 明日はタクシーでハイヴァン峠を越えてダナン→ホイアンへのドライブだ。

◇2013年夏ベトナム親子旅行アーカイブ
8月12日:Prologue1
8月14日:Prologue2
8月16日:1日目香港経由ベトナム着
8月17日:2日目ハノイ旧市街の朝 
8月17日:2日目ホンダガール
8月17日:2日目博物館めぐり
8月17日:2日目ハノイの晩ごはん
8月18日:3日目ハノイのバックパッカーストリート(マー・マイ通り)
8月18日:3日目市場好き(ドンスアン市場)
8月18日:3日目ハノイの旧市街で床屋に行こう 
8月19日:4日目フエの怪しい路地裏(フォングラーオ通り)
8月21日:6日目市場好き(ホイアン市場) 
8月21日:6日目ホイアンの渡し船
8月25日:10日目帰国


◇怪しい路地好きアーカイブ
北海道・東北
札幌すすきの
仙台壱弐参横丁と国分町その2
仙台壱弐参横丁と国分町その1

千葉
津田沼にぎわい横丁
千葉市栄町コリアンタウン
京成立石フィールドワーク
堀切菖蒲園
京成立石仲見世

中州・長浜・大名
福岡大名

海外

台湾
posted by アサノ | 00:02 | 2013年夏 ベトナム親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2771
トラックバック
Search this site