経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年夏 ベトナム親子旅行 8日目香港からマカオに向かう | TOP | 2013年10月のイベント(アサノの記録) >>
2013年夏 ベトナム親子旅行 8日目マカオの世界遺産を観る
DSC05228.JPG
 午後からマカオの世界遺産地帯を歩いてみた。
 道路のプレートが「アズレージョ」なのが美しい。
DSC05231.JPG
 マカオの高級住宅街は横浜の山手みたいだ。
DSC05232.JPG
 大使館などもあるようだ。
DSC05236.JPG
 内海側の西灣湖に降りて来た。
DSC05238.JPG
 入江状の向こう岸はカジノ街のホテル群。
DSC05240.JPG
 マカオ半島先端の山側は、頂上にペンニャ教会、中腹にポルトガル総領事館。
DSC05242.JPG
 ポルトガル総領事館に向かって上がって来た。
DSC05243.JPG
 ハァハァ。。
DSC05245.JPG
 ここが入口。意外とそっけないね。w
DSC05254.JPG
 頂上の「ペンニャ教会」に上がって来た。
IMG_1945.jpg
 ここは海の守り神らしい。山の反対側には仏教の海の守り神「媽閣廟」がある。
DSC05255.JPG
 テラスからは見晴らしが良い。
DSC05256.JPG
 対岸のタイパ島やマカオタワー。
DSC05253.JPG
 マカオ半島側のカジノ・ホテル群が一望だ。
IMG_1941.jpg
 今日は一日歩きっぱなしで、ヘトッ。。
DSC05257.JPG
 教会の中は、思ったより狭いな。
 1622年建設の割には、開口部が少ないね。
DSC05258.JPG
 この教会はウェディング写真のメッカらしい。w
DSC05259.JPG
 山を反対側に降りて来た。
DSC05260.JPG
 多分「リラウ広場」の裏側に出て来たのだと思う。
DSC05261.JPG
 小さな公園を南欧風の家が取り囲んでいるエリアだ。
DSC05262.JPG
 おしゃれな雰囲気で、映画の撮影も多いとか。
DSC05263.JPG
 確かに映画で観たことある景色が。
IMG_1961.jpg
 ジョニー・トーの「エグザイル/絆」で、最初の打ち合いがあったのはこの家。
DSC05264.JPG
 湧水があって、早い時期からポルトガル人が住み着いたエリアだとか。
DSC05265.JPG
 マカオ映画「イザベラ(原題:伊莎貝拉)」で、チャップマン・トウとイザベラ・リョンが荷物を引っ張って登ったのは、こんな坂じゃないか?
DSC05267.JPG
 アジアの街角とは思えない。
DSC05270.JPG
 半島先端から徐々に街の中央部に戻る。
DSC05271.JPG
 私とは写真のモチーフが違うらしい。w
IMG_1980.jpg
 確かに、この旅行中ずっと同じスタイルだ。w
DSC05273.JPG
 「聖ローレンス教会」の横を通り抜け。
DSC05286.JPG お昼ごはんを食べていなかったので「中天珈琲美食」で休憩。
 なぜかマカオの食堂は「珈琲」の名前がついている店多し。
 コーヒー好きなんだね。
DSC05284.JPG
 以前にも入ったことがある、清潔なお店。
 中華とポルトガル料理がある。
DSC05276.JPG
 シーフードのトマトソース。これ美味いんだ。
DSC05282.JPG
 私はそれにライスを入れてもらい、カホちゃんはパスタを入れてもらった。
 お腹が空いていたのと、久しぶりのトマト味に貪り食う。w
IMG_1987.jpg
 また、この生搾りオレンジジュースが美味しくて、2杯お代わりしてしまった。
DSC05283.JPG
 注文する度に搾ってくれる。
 1杯16パカタ(約200円)。
DSC05288.JPG
 腹もくちくなったので、再び歩き出す。
 どうして旅に出ると、こんなに元気なんだろう。
DSC05292.JPG
 ミントグリーンの漆喰が美しい「ドン・ペドロ5世劇場」。
DSC05294.JPG
 その向かい側には「聖オーガスティン教会」。
DSC05298.JPG
 この「聖オーガティン広場」の周辺は世界遺産だらけ。w
DSC05301.JPG
 ここは修道院らしい。
DSC05295.JPG
 この公園もジョニー・トーの「冷たい雨に撃て約束の銃弾を」で最後の銃撃戦に使われてた場所か。
DSC05303.JPG
DSC05304.JPG
 この坂からマカオの下町に降りて行く。
DSC05307.JPG
 急にアパートが立て込んできます。
DSC05308.JPG
 このまままっすぐ行くと「セナド広場」。
 私達は左折。
DSC05309.JPG
 やってきたのは「福隆新街」。
DSC05310.JPG
 狭い道が続く。
DSC05311.JPG
 昔の「色街」やね。
DSC05312.JPG
 その名残の建物が並ぶ。
DSC05313.JPG
 この中にある「新華大旅店」は、映画の撮影に使われるので有名。
 私も「ここじゃやないか?」と思う入口はあったのだが、あまりに汚たないので写真を撮るのを躊躇してしまったので画像無し。w
DSC05315.JPG
 「福隆新街」はフカひれ料理でも有名。
 色街に繰り出す前に食べていたのか?
DSC05317.JPG
 アヘンも吸っていたのでしょうね。
DSC05318.JPG
 裏路地に入ってみよう。
DSC05320.JPG
 新馬路を横切って、また路地裏へ。
DSC05321.JPG
 路地から路地をつたって歩く。
DSC05322.JPG
 こういう景色は嫌いでは無い。
DSC05323.JPG
 明るい方に出て来たようだ。
DSC05325.JPG
 おお、グロい建物が。。
DSC05326.JPG
 「セナド広場」に出て来た。
DSC05327.JPG
 まさにマカオの中心地。
 凄い人出だ。
DSC05328.JPG
DSC05331.JPG
 もう疲れたのでホテルに帰ろうと思ったら、全然タクシーがつかまらない。
 タクシー乗り場の行列が半端じゃなくて、特に中国大陸からの観光客の割り込みが凄まじい。ww
DSC05333.JPG
 こんなに並んでいるんだもの。
 かれこれ1時間近く並んで、10分もかからずホテルに帰った。
 しばらく休憩だ。

◇2013年夏ベトナム親子旅行アーカイブ
8月12日:Prologue1
8月14日:Prologue2
8月16日:1日目香港経由ベトナム着
8月17日:2日目ハノイ旧市街の朝 
8月17日:2日目ホンダガール
8月17日:2日目博物館めぐり
8月17日:2日目ハノイの晩ごはん
8月18日:3日目ハノイのバックパッカーストリート(マー・マイ通り)
8月18日:3日目市場好き(ドンスアン市場)
8月18日:3日目ハノイの旧市街で床屋に行こう  8月21日:6日目市場好き(ホイアン市場) 
8月21日:6日目ホイアンの渡し船
8月23日:8日目マカオの世界遺産を観る
8月25日:10日目帰国
posted by アサノ | 00:15 | 2013年夏 ベトナム親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2795
トラックバック
Search this site