経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 卒業式 | TOP | 訂正 アフォーダンス >>
卒業制作・進級制作展

 3月14日(水)から18日(日)まで、クイーンズスクェア横浜にある「みなとみらいギャラリー」で本校の卒業制作・進級制作展を開いています。昨日は卒業式の会場のすぐ近くなので、保護者の皆様にもご覧いただけました。

 こうやって並べてみると、本校の作品は他のデザイン系専門学校とはだいぶ方向性が違うようです。

 先日行って感銘を受けた「東京デザイン専門学校」のアーティスティックなアプローチとは真逆というか180度違いますね。

 デザインの学校らしい華やかさを求めて来られると、がっかりするかもしれません。どちらかというと、作品展示ではなくプロジェクト報告や研究発表のポスター展示みたいな感じです。

 本校のデザインは、産学連携と理屈のかたまりで。世の中の5%ぐらいのクリエーターにうけるよりも、95%の一般人に理解できるデザインを目指しています。

 他の学校さんが作品が引き立つ素敵なギャラリーで卒展をやられるのに対して、本校は一般の通りすがりの人が入りやすいパブリックなスペースでやってます。それも学校の姿勢の一つです。

 来年は、展覧会初日はビジネスデーにして、企業さんへの紹介と商談の場にしようかとも考えています。

 偉そうなことをツラツラ書きましたが、まだ発展途上ですので、ご覧の上ご指導ご鞭撻いただければ幸いです。

 今週土日は、場所柄凄い人出が予想されます。私はといいますと、会場にはおりません。必死に次年度の準備をしております。ハイ
posted by アサノ | 08:10 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
今日は、当校の卒業式がパシフィコ横浜であったので、帰りがけに作品展示を拝見しました。
『横浜山手図鑑』触らせてとお願いしたら、ゼミの2年生が色々と説明をしてくださいました。
きっちりと、トレーニングされているな〜って感じで色々と説明を頂きました。いい学生さんたちですね。

話題変わりますが、私が見学をしていたら、当校の建築系学科の教員が見学に来ていました。学内で見ていても勢いのある学科です(元気な主任が引っ張っている)。彼らのスタンスに「さすがだなぁ〜」と感心しました。こういう教員がいれば、組織としては安心ですね
2007/03/17 18:33 by かずくん
かずくんありがとうございます。
まだまだ課題の多い卒業制作展ですが、次年度も同じ場所で同時期やる予定です。
今年は、いろいろ積み残しの多い年でした。

声かけてくだされば、桜木町の怪しい店ご案内したのに・・・。
2007/03/17 20:58 by アサノ
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site