経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年11月のイベント(アサノの予定) | TOP | 2013年夏 ベトナム親子旅行 8日目夜のマカオ >>
2013年 UX静岡 #06 構造化シナリオ法
IMG_1545.JPG
 10月05日(土)UX静岡「構造化シナリオ法」の回です。
IMG_1541.JPG
 前回のインタビュー結果を元にバリューシナリオを作る。
IMG_1546.JPG
 この子凄い枚数の写真撮ってた。
IMG_1551.JPG
 私は「ファミリー食堂さいとう」のオカマ鯛焼きを食べながら。。
IMG_1552.JPG
 苦労してバリューシナリオを書く。
IMG_1554.JPG
 やっぱり若いと「ビジネス情報」の部分が苦労するみたいだ。
IMG_1556.JPG
 HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論」とダブルでビジョン提案型デザイン手法を講義を受けている受講者も数名いる。IMG_1565.JPG
 なんとか出来て来ました。
IMG_1573.JPG
 ワークショップはタイムキーパーが重要。
 クオリティも大切だが、必ず各工程を終わらせるのが必須。
IMG_1574.JPG
 バリューシナリオが出来たら、各シーン毎にアクティビティシナリオを書く。
IMG_1576.JPG
 今回も常葉大学のリアルタイムドキュメンテーションメンバーが各チームについてくれている。
IMG_1578.JPG
 この学校の凄いところは、どんどん後輩たちが参加してくること。
 今回は1年生もいました。
IMG_1581.JPG
 今回も新しく他県からの参加者が増えた。
IMG_1584.JPG
 千葉県から毎回参加のホコリン氏。
IMG_1585.JPG
 リアルタイムドキュメンテーションで、チーム毎の思考プロセスを可視化している。
IMG_1586.JPG
 自分たちの思考のプロセスを、神妙に聞くチーム。w
IMG_1591.JPG
 アクティビティシナリオが完成。
IMG_1592.JPG
 あるチームのバリューシナリオ。
 私の経験から言うと、右端のシーンは、サービスに落とした時にナビゲーションになれば良い。
 Webであればグローバルナビゲーションの項目が、各シーンになる。
IMG_1594.JPG
 今回はかなり贅沢なパネル環境。
 このくらい広げられるといいですね。
IMG_1596.JPG
 アクティビティシナリオで時間を食ったので、インタラクションシナリオはいきなりワイヤーフレームを描こう。
IMG_1598.JPG
 この人達、こういうのは得意なんだ。w
IMG_1599.JPG
 リアルタイムドキュメンテーションも完成!
IMG_1600.JPG
 今回は私の講評が無い代わりに、各チームへドキュメントチームからフィードバックがある。
IMG_1601.JPG
 う〜ん、なるほど。。
 こら!よそ見するな。w
IMG_1603.JPG
 新人もかなりやります。
IMG_1609.JPG
 ううう。。。
IMG_1613.JPG
 最近、他の地域でも発表を続けてる西村。
 11月30日(土)は、麹町のKDDIWCでリアルタイムドキュメンテーションのワークショップやります。
IMG_1614.JPG
 ごもっともでございます。。。
IMG_2433.jpg
 今回は、かなり苦戦して終了。
IMG_2435.jpg
 懇親会、2次会と続く。
IMG_2439.jpg
 飯島さんがセッテイングしてくれた2次会のお店は良かった。
IMG_2441.jpg
 静岡名産を食べて、静岡割りを飲んで、なんと!1人1200円。w
IMG_2443.jpg
 これは、また来ずばなるまい。
 お疲れさまでした。

◇2013年UX静岡アーカイブ
 04月20日(土):#01 UX/HCD概論とオブザベーションWS
 06月15日(土):#02 AM フィールドワーク(エスノグラフィ)
 06月15日(土):#03 PM フォトカードソート(KA法)
 07月20日(土):#04 ユーザー評価(NE比分析)
 09月07日(土):#05 半構造化インタビューと上位下位関係分析法
 10月05日(土):#06 構造化シナリオ法
 11月09日(土):#07 ペーパープロトタイピング
 12月14日(土):#08 ビジネスモデル・ジェネレーション
 02月01日(土):#09 参与観察とカスタマージャーニーマップ
posted by アサノ | 00:16 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2803
トラックバック
Search this site