経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2013年 サービスデザイン演習 #13パイロットテスト | TOP | 腹腔鏡下胆嚢摘出術 闘病記 >>
2013年 こども行動観察ラボ 第2保育園5才児05回目 粘土(自由制作)
DSC_0323.JPG
 久しぶりの第2保育園の5才児達。
DSC_0318.JPG
 彼らは4才の時からずっと見て来ているので、一番安心だ。
 富士山を簡単に作った後に、横に川を作る子。富士川か?
DSC_0336.JPG
 作った島を、指人形で歩く。
 テーブル・ウォークスルーみたいだ。
DSC_0337.JPG
 彼らは「文化的な思考」が身に着いているので「何を作ったらいいか分からな〜い。」とか「人のマネ」とかは一切しない。
DSC_0339.JPG
 大抵の場合は、作りたいものがワクワクあって、それを実現する技術が無いぐらいの方が良いのだ。
DSC_0344.JPG
 そういう意味では、この子達はいくらでも作りたいものが湧いてくる。
 普段から作りたいモノが頭の中に渦巻いているのでは無く、素材からインスパイアされるからなのである。
 「現象で作ってはいけな」と言うが、素材によってクリエィティブな感性が刺激されて作品が出来ることは悪い事では無い。そこが児童美術のスレスレのところなのだ。
DSC_0347.JPG
 はい、鼻かみましょう。チ〜ン!
DSC_0357.JPG
 手前がゾウで、奥がタコ。
 左はなんだか分かりません。w
DSC_0367.JPG
 大作ザリガニ。
 先日見て来たそうだ。写実である。
DSC_0378.JPG
 ワニ!
DSC_0383.JPG
 終わった後は、ちゃんと掃除。
DSC_0385.JPG
 粘土と同じぐらい掃除も楽しんでくれる。w

◇2013年度こども行動観察ラボ・第2保育園5才児アーカイブ
 第01回04月10日:鯉のぼり1
 第02回04月17日:鯉のぼり2
 第03回04月24日:鯉のぼり3
 第04回05月29日:食べ物体験
 第05回10月23日:粘土(自由制作)
posted by アサノ | 00:19 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2818
トラックバック
Search this site