経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(京都西院折鶴会館) | TOP | 怪しい路地好き(京都錦松川酒店) >>
UX京都2013#03 ユーザー評価(観察法) 
DSC00928.JPG
 12月7日(土)、折角晩秋の京都に来たが、全然紅葉を目にすることも無く烏丸御池に到着。
DSC00930.JPG
 今回のUX京都は、一端HCDの基礎を学んで貰うためにユーザー評価を2回に分けて行う。
DSC00943.JPG
 今回の最重要テーマは「タスクの作成」だ。
DSC00945.JPG
 まずは、しっかりペルソナとシナリオを書いてもらう。
DSC00950.JPG
 アクティビティシナリオを分解してタスクに起こす。
 紙に大きく書き出すと良い。
DSC00949.JPG
 まずは自分達でパイロットテストを行い、テストが成り立つか、被験者はどの辺りでつまずくかをシミュレーションしてみる。
DSC00957.JPG
 iPadはなにかと便利。
DSC00970.JPG
 被験者には、まずタスクを音読してもらう。
 思考発話してもらうために滑舌を良くしておく為だ。
DSC00980.JPG
 ユーザービリティテスト、スタート!
DSC00987.JPG
 思考発話が途切れないように。
DSC00993.JPG
 夢中になって黙ってしまうと、横からモデレーターが発話を促す。
DSC01003.JPG
 テスト終了後は、インタビュー。
 なぜ、あの箇所で迷ったのか?行為の背景を聴く。
DSC01014.JPG
 テストが終わったら、カードソートしながら問題点を絞り込む。
DSC01020.JPG
 ただ議論(ブレスト)するのではなく、壁に貼りだして付箋で可視化しながら話す。
DSC01021.JPG
 被験者の行動から問題点が分かって来たら、発話から改善案のヒントを探る。
DSC01028.JPG
 では、発表!
DSC01058.JPG
 本時は観察した結果だが、次回は撮影したビデオを分析して問題個所を発見する。
 その時に、今日の観察結果と一致していれば大したものだ。w
DSC01050.JPG
 オーディエンスはカメラの砲列。w
DSC01061.JPG
 タスク作成で時間がかかったため、30分も押してしまった。
 大急ぎでプレゼンして頂き、すいませんでした。
DSC01064.JPG
 次回が楽しみだ!
 御池駅近くのお店で懇親会。
 京都にいるのに、二晩続けて「串揚げ」。w

◇参加者Heberekeさんのブログ:http://transitkix.tumblr.com/post/69502244899/ux-kyoto-2013-03

◇2013年UX京都アーカイブ
 11月02日(土):#02.エスノグラフィ
 12月07日(土):#03.ユーザー評価(観察法)
 01月25日(土):#04.ユーザー評価(NE比分析)
 02月15日(土):#05.ペルソナ/シナリオ法
 03月00日(土):#06.構造化シナリオ法
 04月00日(土):#07.ペーパープロトタイピング
posted by アサノ | 00:15 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site