経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 今月の神戸・静岡めし 2013年12月 | TOP | 怪しい路地好き(新宿思い出横丁)2014年新春 >>
2013年 こども行動観察ラボ 第1保育園4才児05回目 段ボールサンタ2 
IMG_6071.JPG
 前回切り張りしたサンタに着彩をしよう。
 子どもや専門的な教育を受けていない大人の美術は「手の技を消す」というのが大切だ。
 白い紙に鉛筆で描けば、一発で上手い下手が分かる。
 それでは慣れていない人間は嫌になる、また発展途上の人間は自分の癖に辟易する。
 たとえば木版画のように、原画を反転させて転写しノミで木版を彫るというクッションを設けることで手の技を消し、作品を作ろうと思った意図だけを炙り出す。
 児童の美術教育には、作りたいものを純粋に引き出す「ワンクッション」と「手の技を消す」ということに気をつけて取り組みたい。
 今回は段ボールという抵抗感の大きい素材が「手の技を消す」のに大いに役立ち、更に画用紙には無い「マチエール(質感・材質的効果)」が存在感を増すことに役だっている。
IMG_6079.JPG
 「サンタさんの服は何色?」と聞くと。
 「アカ〜!」と元気に答えるが。
 塗っているのは赤いクレヨンばかりではない。
IMG_6087.JPG
 保育士さんは「ああ、そんな色違うでしょ。」と言うが。
 子どもは天才である。
IMG_6105.JPG
 24色のクレヨンを持っていたら。
 一番塗るのに適した色を選ぶのではなく、他の2〜3色を使ってその色を出すのが良い。
 絵具の混色とは違い、彩度が落ちずに深い色味になる。
 遠くから見ると赤でも、近くに行くと黄色や朱色や緑まで混ざっている紅葉のようなものだ。
IMG_6116.JPG
 4年前から私を手伝ってくれていた保育士さんが久しぶりに来てくれた。
 こういう人が来ると、ホッとする。
IMG_6118.JPG
 緑色のブーツと手袋。
 目も緑色。w
IMG_6121.JPG
 サンタの顔に脱脂綿をボンドで着けた。
IMG_6124.JPG
 おひげです。
IMG_6131.JPG
 トナカイさんの周りには雪が降る。
IMG_6135.JPG
 ひややかな目のトナカイ。w
IMG_6137.JPG
 オーソドックスなサンタ。
IMG_6140.JPG
 オーナメント制作中。
IMG_6142.JPG
 カラフルなサンタと家。楽しい雰囲気が伝わってくる。
IMG_6144.JPG
 目がヤバイ、東洋的なサンタ。
IMG_6150.JPG
 ずらりと勢ぞろい。
 保育園に飾ります。

◇2013年度こども行動観察ラボ・第2保育園4才児アーカイブ
 第01回05月15日:粘土1
 第02回06月05日:食卓の絵
 第03回07月10日:粘土2
 第04回10月09日:デカルコマニー
 第05回11月13日:段ボールサンタ
 第06回12月11日:段ボールサンタ2
posted by アサノ | 00:19 | 保育の授業 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2864
トラックバック
Search this site