経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 市場好き(小倉旦過市場) | TOP | 参加型デザインで商店街を考える(小倉魚町商店街)フィールドワーク編 >>
怪しい路地好き(北九州折尾堀川沿い)
IMG_1121.JPG
 12月20日(金)の夜、北九州市立大学での講義の後先生方に折尾駅の裏側に連れて来ていただいた。
IMG_1122.JPG
 この小さな川を堀川運河というらしい。
 近代産業を支えた交通手段だったのだ。
IMG_1123.JPG
 その運河沿いに、やたら小さな飲み屋さんが並ぶ。
IMG_1194.JPG
 まず連れて来て頂いたのが「立ち飲み綾RYO」。
IMG_1126.JPG
 狭いお店で5人も入れば満員。
IMG_1129.JPG
 なんだ!この値段は。。
IMG_1130.JPG
 食べ物が全て美味しい!
 ちょっと驚きである。
IMG_1131.JPG
 ビール1杯でサクッと次の店に移動。
IMG_1132.JPG
 笑えるぐらい、小さな飲み屋さんが続く。
IMG_1137.JPG
 元々は、近くの八幡工業地帯の工員さん達が来た飲み屋街のようだ。
IMG_1141.JPG
 24時間3交代とかで、夜勤明けの工員さんとかが朝から焼酎ぐびぐびみたいな。
IMG_1143.JPG
 線路を越えて闇の中まで歩いて行くと。
IMG_1144.JPG
 ううん、ここは酒屋さん?
 「高橋酒店」とな。
IMG_1146.JPG
 古い酒屋さんだよね。
IMG_1147.JPG
 あれれ、飲んでる人がいる。
 これって、いわゆる「角打ち」ですか?
IMG_1148.JPG
 若いころの「沢田研二(ジュリー)」もいます。
IMG_1150.JPG
 江戸時代からやってるのか?
IMG_1151.JPG
 芋焼酎のお湯割りを頼んだら。
 ガラスコップになみなみと注いで、マグカップを出し「自分で、うしろのポットのお湯で割ってくれ。」と。。
 その前には、スーパーで買って来たような、ちくわとかソーセージが並ぶ。
IMG_1154.JPG
 それを七輪で炙るだけ。
IMG_1155.JPG
 紙に乗せて、粒マスタードがつく。w
IMG_2471.JPG
 なんでも、皿で出すと飲食業になって認可や税金の問題があるらしい。
IMG_1169.JPG
 「角打ち」は、酒屋の店頭で客が勝手に買った酒を飲んでいるという建前なのだ。
 なので、調理したものは無く、温めるか缶詰、乾きものの類のみ。
IMG_1159.JPG
 この広々とした空間が心休まる。
 しかし、焼酎1杯の量が多くて飲みきれん。
 こういうのを「せんべろ酒場」というのだろう。
IMG_1162.JPG
 もしかして、凄い体験をしているのではないか?
IMG_1164.JPG
 学部の4年生が1名着いて来たが。
IMG_1170.JPG
 近くに住んでいたが、大学に入って初めて来たそうだ。
 「俺、4年間無駄にしてました。」だって。w
IMG_1174.JPG
 学生に気前よくおごりながら、次の店に向かう。
IMG_1175.JPG
 3軒目は中華。w
IMG_1180.JPG
 「餃子兄弟」という、中国の方のご夫婦でやっている小さなお店。
IMG_1182.JPG
 むむ、美味い!
 超人気店らしく、常にお客さんでいっぱい。
 次々と来てお店の外で待っています。
 単品種に絞った営業方針は、先日の神戸三宮の「ぎょうざ専門店ひょうたん」の様に成功への最短距離なのですね。
IMG_1185.JPG
 「麻婆豆腐」が美味いが超辛い。
 舌が痺れる。。
IMG_1187.JPG
 値段は結構強気の設定。
 面白かったのが、私達が飲んでるカウンターの背面の席で。
 一人で来ていた女の子が、後から来た一人客の女の子にビールを注いでいる光景。
 東京ではあまり見ない、屋台文化というか皆友達みたいで微笑ましかった。
IMG_1190.JPG
 更に4軒目を求めて、ずんずん歩く。
IMG_1191.JPG
 夜も更けて行く。。
IMG_1192.JPG
 こいうのを紅灯の巷というのだな。w
IMG_1196.JPG
 「二鶴寿司」さんというお寿司屋さんでしめのようです。
IMG_1200.JPG
 お値段が安いと思って食べたら、これは美味しい!
 九州はいいな〜。
IMG_2473.JPG
 みぞれが降る中を、ちょうど折尾駅に滑り込んで来た鹿児島本線特急にに飛び乗る。
 いやいや、大変貴重な体験をさせて頂きました。
 ツアーを計画して下さった、北九州市立大学の山崎先生、辻井先生、誠にありがとうございました。
IMG_1201.JPG
 このまま席で眠ると、大分まで連れて行かれてしまうので、デッキで待機。w
 九州の列車はおしゃれだ。
 4日間の旅の予定だが、初日でエネルギーを使い果たした気分。w
 
◇12月の北九州・福岡の旅アーカイブ
12月20日(金):市場好き(小倉旦過市場)
12月20日(金):怪しい路地好き(北九州折尾堀川沿い)
12月21日(土):参加型デザインで商店街を考える(小倉魚町商店街)
12月21日(土):ワークショップの打ち上げ
12月22日(日):HCD-Net教育セミナーin福岡(ユーザー評価)
12月22日(日):怪しい路地好き(博多の下町)
12月23日(月):帰京
総集編:12月の北九州・福岡めし
 
◇怪しい路地好きアーカイブ
北海道・東北
札幌すすきの
仙台壱弐参横丁と国分町その2
仙台壱弐参横丁と国分町その1

千葉
津田沼にぎわい横丁
千葉市栄町コリアンタウン
京成立石フィールドワーク
堀切菖蒲園
京成立石仲見世
 
中州・長浜・大名
福岡大名
◇博多の下町
posted by アサノ | 00:15 | 怪しい路地好き | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
昭和の香りが落ち着きます。立ち飲みの安さが堪りません。角打ちにお皿がない理由を初めて知りました。九州に行きたくなりました。ジュリーに会いたいです。
2015/11/03 23:18 by ボギー
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2874
トラックバック
Search this site