経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 参加型デザインで商店街を考える(小倉魚町商店街)カスタマージャーニーマップ編 | TOP | HCD-Net教育セミナーin福岡(ユーザー評価) >>
ワークショップの打ち上げ 北九州→福岡
IMG_1231.JPG
 ワークショップが終わり、ビアバッシュの懇親会から有志で2次会に繰り出す。
IMG_1220.JPG
 小倉の屋台に連れてきていただいた。
 面白いのは、屋台ではアルコール類を売らず、近所の店に注文して持ってきてもらう方式らしい。
 それにしても、こういう席でも北九州の人達と福岡の人たちは別々に仲間で固まって話しているな〜。
 なにもここまで来ていつもの仲間と話すことは無いと思うのだが、何か歴史的な確執でもあるのか?
 と、同じ東京人同士の山崎先生と並んで座って話す。w
 おでんの具は、関東とさほど変わらず。
 葉ものが多いのが関東との違いか。
 沖縄のおでん屋さんも、おでんの汁でレタスを湯がいてくれた記憶がある。
 頼んだのは春菊だが、どうもこれは違う気がする。
 後で聞いたら、こちらでは「ローマ春菊」という葉の丸い種類らしい。
IMG_1222.JPG
 じゃ〜ん、おはぎがある。
 以前は屋台で工場労働者が飲むので、疲れた体に甘いものを欲するからだと聞いた。
 あまり甘くなく、美味しいおいしい。
IMG_1229.JPG
 本当だ!
 おはぎやおにぎりが充実している。
 おでん屋のバイトの女の子が「深夜2時には全部なくなりますよ。」と言っておった。w
IMG_1233.JPG
 軽く飲んだら、福岡に移動だ。
IMG_1236.JPG
 楽しそうな街である。
IMG_1238.JPG
 立ち飲み屋さんが沢山あるな。
IMG_1239.JPG
 小倉駅に戻って来た。
IMG_2484.JPG
 九州新幹線に乗れば、小倉→福岡間は約20分だ。
 来るときは在来線で1時間20分ぐらいかかったが、いざという時の飛び道具はありがたい。
IMG_2485.JPG
 福岡に着き、大名の宿舎に荷物を置いて、階下のワインバーでUX Fukuokaの吉川さんと祝杯をあげる。
IMG_1242.JPG
 最初は泡で乾杯!
IMG_1243.JPG
 思ったより時間が早かったので、赤ワインに切り替える。
IMG_2487.JPG
 最近凝っているゴルゴンゾーラに蜂蜜。
 甘いドライフルーツにワインは合う。
IMG_2488.JPG
 隣で一人で飲んでいた福岡美女と意気投合してグラッパに進む。ww
 気の利いたワインバーで楽しく飲めるというのは、やっぱり福岡は都会で面白い。
 角打ちや立ち飲み、屋台も好きだし、ワインバーやオーセンティックなバーも好きです。
IMG_1244.JPG
 今回の宿舎は、福岡で嵐と安室奈美恵のコンサートが重なり、どこのホテルも部屋が取れなくてほとほと困っていた時に。
 吉川さんから紹介して頂いたのがここ。
IMG_1246.JPG
 海外のアーティストが福岡に長期滞在する時に使う宿泊施設らしい。
 konya-stay:http://konya2023.travelers-project.info/konya-stay.html 
 最初は「2泊もカプセルホテルに泊まるしかないか。。」とがっくりしていたので、大助かりだ。吉川さん、ありがとう!
IMG_2492.JPG
 エアコン(暖房)が寝室にしか無いので、他のスペースは凍りつくようにに寒い。w
 階下のワインバーで「シベリア鉄道に乗ってきた外人が、寒くて困った。」と脅かされていたが、本当だった。w
 九州の人は北国の人よりも寒さに無防備ですね。日本海側なのに。ww
 流石に酔っ払ってここでシャワーを浴びたら心臓麻痺か凍死すると思ってやめた。w
IMG_2494.JPG
 夜トイレに行くのが嫌だなと思っているうちに、昼間の疲れで眠ってしまった。zzz
 
12月22日(日):怪しい路地好き(博多の下町)
12月23日(月):帰京
posted by アサノ | 00:03 | B級グルメ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2876
トラックバック
Search this site