経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ワークショップの打ち上げ 北九州→福岡 | TOP | 怪しい路地好き(博多の下町) >>
HCD-Net教育セミナーin福岡(ユーザー評価)
DSC01907.JPG
 おはようございます。12月22日(日)の朝。
 宿舎の紺屋2023から出発。
DSC01927.JPG
 博多駅の筑紫口に出て来ました。
DSC01929.JPG
 福岡県福岡東総合庁舎。
DSC01930.JPG
DSC01933.JPG
 「HCD-Net教育セミナーin福岡」UX Fukuokaと共同開催です。
DSC01935.JPG
 今回のテーマは「ユーザー評価」。
 数箇所の地方自治体のWebサイトを評価してもらいます。
DSC01938.JPG
 UX Fukuokaは2012年からスタートした勉強会で、いきなりUXから始めたのでHCDの基礎が全く無い。
 やはりどこかできちんと基礎から勉強した方が良いということから、このセミナーを企画した。
DSC01940.JPG
 プロトコルデータの書き起こしまでは、時間的に難しいので、タスクの作成に重点を置いて学んで行く。
DSC01946.JPG
 講義とタスク作成に2時間以上かかり。w
 やっとOKの出たタスクを使ってパイロットテスト。
DSC01949.JPG
 準備が出来たら、被験者をリクルートしてきてユーザーテスト開始!
DSC01951.JPG
 皆さん初めての体験で、真剣そのもの。
DSC01959.JPG
 ビデオカメラも用意してあります。
DSC01961.JPG
 被験者3名テスト。
DSC01977.JPG
 テスト終了後、プロトコルデータの書き起こしは行わず、観察からの発見を整理する。
DSC01980.JPG
 右側のテシくんは名古屋からの参加。ありがとうございます。
DSC01982.JPG
 行動データから迷う・エラーを探し、発話から改善案のヒントを得る。
 付箋の色は変えて使う。
DSC01991.JPG
 活発にブレストしています。
DSC01993.JPG
 今回は本当に時間が短かった。
DSC02001.JPG
 みなさん、頑張りました。
DSC02004.JPG
 時間が押せ押せだったので、全体講評は断念し。
DSC02008.JPG
 同じモチーフ同士で、発表と質疑応答を行う。
DSC02012.JPG
 活発な質疑応答が続く。
DSC02014.JPG
 Webサイトを筋道を立てて検証することで、背景の違う同士でも議論する土俵が出来る。
DSC02016.JPG
 セミナー終了後「Webサイトとスマホのサイトは評価方法が違う。」という話をした。
 Webサイトはクリックするという人工物とユーザーの間にやりとりの時間差があったので、それを元に時間を計るという評価が成り立った。典型的な評価方法がプロトコル分析である。
DSC02021.JPG
 それに対してスマートフォンは、クリックのような離散的なインタラクションでは無く、連続的なインタラクションを持っている。地図のドラッグや拡大縮小が良い例である。
DSC02028.JPG
 先日のHCD研究発表会で、ネットイヤーグループの坂本さんにも質疑応答で「スマホは今までの評価方法では分からない。」とのコメントを貰っている。
 ユーザービリティ評価では無く、UX評価に移って行くのだろう。
DSC02034.JPG
 最後に参加者達に「もっと勉強したいか〜?」と聞いたら。
 「した〜い!」という答えが帰って来たので。

 5月:インタビューと上位下位関係分析法
 7月:構造化シナリオ法
 9月:ペーパープロトタイピング
 11月:再度ユーザー評価(NE比分析)orエスノグラフィ
 のスケジュールで、やってみると良いかと思う。
 そのぐらいに福岡のUXコミュニティーは成熟してきたと見た。
IMG_1256.JPG
 懇親会は、呉服町の人気店「もつ幸」。
IMG_1275.JPG
 いやはや、充実したセミナーでした。
 共催して下さいました特定非営利活動法人AIPさま、スタッフとして支えて下さったUX Fukuokaのお三方、お疲れさまでした。
 名古屋や宮崎、北九州から駆けつけて下さったテシくんや飯干さん、田川さん、ありがとうございました。
 福岡のみなさん、また会いましょう。
 
◇関連情報
UX Fukuoka金内さんのブログ:http://blog.cgfm.jp/mutsuki/archives/3060
12月22日(日):怪しい路地好き(博多の下町)
12月23日(月):帰京
posted by アサノ | 00:08 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2878
トラックバック
Search this site