経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< HCD-Net教育セミナーin福岡(ユーザー評価) | TOP | 最終日の福岡 >>
怪しい路地好き(博多の下町)
DSC01902.JPG
 おはようございます。3日目12月22日(日)の朝。
DSC01907.JPG
 宿泊施設の「紺屋2023」を出る。
DSC01909.JPG
 「AKB48 CAFE&SHOP HAKATA」の斜め向かいです。
DSC01915.JPG
 朝ごはんは「一風堂」で博多ラーメン。
DSC01912.JPG
 「赤丸新味」。
 替え玉投入!ww
DSC01930.JPG
DSC01933.JPG
IMG_1256.JPG
 セミナーの懇親会が、少し離れた場所にある「もつ幸」というお店。
 博多の呉服町というあたりらしい。
IMG_1259.JPG
 お店に入ると、1階はカウンター席。
 なんでも大変な人気店らしい。
IMG_1261.JPG
 鍋が煮えるまで「酢もつ」と「ポテサラ」でビール。
IMG_1262.JPG
 これが「もつ鍋」1人前1000円が4〜5人前入っている。
IMG_1264.JPG
 グツグツ。
 今まで見たもつ鍋の中で一番さっぱり系。
IMG_2504.JPG
 名古屋から参加のテシくんが大喜び!
 キャベツがシャキシャキしていて美味しい。
IMG_1268.JPG
 サイドメニューの餃子も美味しい!
IMG_1269.JPG
 もつ鍋に豆腐も入れるんだ?
IMG_1270.JPG
 シメはチャンポン麺に大量のゴマ。
IMG_1271.JPG
 ガァ〜!と混ぜる。
IMG_1273.JPG
 炭水化物大量摂取。ww
IMG_1275.JPG
 お店は2時間入れ替え制。
 しかも30分遅刻して入っているので、速攻で撤収。残念だ。ww
IMG_1276.JPG
 外に出てみると、21時の入れ替えを待つ人たちの行列。
 凄い人気なんですね。
IMG_1278.JPG
 私の福岡ナビゲーター村上さんに、2次会に連れて行って貰うことに。
IMG_1281.JPG
 博多の下町に向かうとのこと。
 わしらには博多と福岡の区別がつかん。w
IMG_1282.JPG
 江戸時代には、武士の町・福岡と商人の町・博多に住み分けができていて、2つの町の境目は那珂川。
 お城のある西側が福岡、東側が博多。
IMG_1286.JPG
 多分今は那珂川に沿って海に向かって歩いているのだろう。
 どうも「ホテルオークラ福岡」の近くだと思う。
IMG_1294.JPG
 ということは、ここは那珂川の分流博多川の東中島橋の近く。
 向こう岸は、この博多川と那珂川に挟まれた中洲だ。
IMG_1295.JPG
 最初に覗いた屋台「とん吉」は満員で入れず。
IMG_1297.JPG
 お品書き。屋台だからと言って安い訳では無いようだ。
IMG_1290.JPG
 もう1軒の屋台が入れました。
IMG_1304.JPG
 流石に3晩目の飲み会となると疲れてしまい。
 私はそろそろグロッキー。w
IMG_1303.JPG
 おじさんが外で焼き物を。
IMG_1306.JPG
 博多の串焼きは、キャベツを敷いた皿で出るそうです。
IMG_1308.JPG
 「めんたい玉子」まるまる一腹入ってます。
 名古屋から来た甲斐のあったテシくん。w
IMG_1311.JPG
 テシくん「焼きラーメン」まで食べる。もう「もつ鍋」でお腹いっぱいだよ。
 私は、飲み疲れで一足先に宿舎に帰ることにした。
IMG_1312.JPG
 博多は屋台が沢山あるね。
 もう少し季節の良い時に、体調万全で来たいと思います。
IMG_1313.JPG
 博多川沿いに浮かぶ複合施設「博多リバレイン」。
 ここから少し歩いて「中洲川端」の駅に出て地下鉄で「天神」に戻る。
 
12月22日(日):怪しい路地好き(博多の下町)
12月23日(月):最終日の福岡
◇怪しい路地好きアーカイブ
北海道・東北
札幌すすきの
仙台壱弐参横丁と国分町その2
仙台壱弐参横丁と国分町その1

千葉
津田沼にぎわい横丁
千葉市栄町コリアンタウン
京成立石フィールドワーク
堀切菖蒲園
京成立石仲見世
 
中州・長浜・大名
福岡大名
posted by アサノ | 00:11 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2879
トラックバック
Search this site