経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< J検作問委員会IN大阪 | TOP | ディープな大阪探訪記 新世界編 >>
あいりん地区に泊まる

 旅は最高か最低が面白いという。昨夜「鯛よし」で皆と別れた後、M井先生と「動物園前駅」を目指した。そこに私が泊まる宿がある。この場合は当然最低の部類である。

 このあたりは「あいりん地区(釜ヶ崎)」と呼ばれ、東京の山谷や横浜の寿町のような日雇い労務者の街だ。以前からあったドヤ(簡易宿泊所)は、今ではマンションのようになり、1泊600円ぐらいから2500円ぐらいまである。

 支援団体も沢山入ってきており、土曜の深夜もミサをやってた。日曜はまるで「天使にラブソングを」みたいに大声で歌ってたな。

 私が泊まろうとしているのは、ドヤではなくドヤからゲストハウスに脱皮した宿だ。ゲストハウスというのも簡易宿泊所だが、旅行者相手のものです。世界中どこにでもある、貧乏旅行者の味方かな。

 ビジネスホテル中央新館は、1泊2300円。パソコンもあるし、清潔で居心地も悪くない。お客は外人も多く、女性の一人客も居る。楽天トラベルで申し込むと朝食が付く、クロワッサンとインスタントスープとコーヒーだが、なかなか良い。コーヒーは美味しかった。

 当然、労務者風の人もいるが、フロントで泊まるフロアを上手く住み分けているのだろう。ちなみに写真中央の太ったジャージのおじさんは、長期滞在者らしく、夜はmixiに何時間もはまってた。

 個室は清潔で、大きなTVもある。難点は、電車の音がうるさいのと、壁が薄いので隣の声が聞こえること。

 ベッドはギシギシいうので、また泊まるなら畳み部屋にしよう。でも三畳の畳部屋に居たら「赤目四十八滝心中未遂」の世界になってしまうな。

 プチ・ドロップアウト体験は面白かったです。明日から現実の世界に戻って、頑張って仕事をしよう。
posted by アサノ | 22:07 | 旅好き | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
これもフィールドワークですね。
2007/03/26 02:36 by かずくん
ご無沙汰してます。

ご多忙の中とは言え、日常生活の延長上で旅(=出張)ができるなんて、羨ましいですね〜。それにしてもあいりん泊とは!!冒険家ですね!

実は私も、その辺りをうろうろしてみたことはありますが、さすがに泊まってみる勇気はありませんでした。。。

でも、先入観を置いて見るとビジネスホテル中央新館は値段のわりには、なかなかいい感じの宿ですね。今度、鶴橋の帰りにでもトライしてみようかな・・・。
2007/03/28 22:57 by やました
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site