経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< FUJINON XF35mmF1.4R | TOP | ヒューマンインタフェースにおけるデザイン教育のススメ >>
試し撮り(西新宿)
DSCF0114.JPG
 3月7日(金)、新しいレンズのUVフィルターを買いに新宿小橋通りにあるカメラ屋さんに。
 ここは常連で、最近どこのでもある〇〇カメラみたなチェーン店より店員さんの知識が半端ないのと商売っ気がまったく無いので好きなのだ。
 中古のUVフィルターφ52mm、φ58mm、φ52mmのレンズフードをしめて3100円で購入。
 この金額で新品で買えば、UVフィルターが1枚買えるかどうかである。w
DSCF0116.JPG
 店内には、ライカ等のクラッシックカメラやレンズを日がな一日眺めてる老カメラマンが結構いる。
 今日は高齢の女性が延々と中古のレンズを物色してた。良い趣味だと思う。w
 ちなみに、この店は「東京麺通団」の隣なので、いつもはセットである。ww
DSCF0122.JPG
 ぶらぶら歩きながら、新しいレンズの試し撮り。
 35mmの単焦点って初めてなんだけど。
 今まで24mmや28mmの広角が多かったので、ついつい前に出すぎてしまう。
DSCF0125.JPG
 レンズって慣れるまで1〜2年ぐらいかかって。
 慣れると爆発的に使い倒すのだが。
 今はまだまだ調教中だ。w
DSCF0128.JPG
 撮りながらISO感度を変えてみたり。
DSCF0129.JPG
 少しづつレンズの癖をつかむのだが。
 このレンズはかなり気難しい。
 以前Canon用に買ったSIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMは同じ大口径単焦点レンズだったが、随分と素直だった。
DSCF0139.JPG
 「もうやんカレー」にて昼食。
DSCF0133.JPG 
 食べ物を撮ってみる。
 よくボケるが、あまり寄れないな。
DSCF0134.JPG
 シャープですね。
DSCF0142.JPG
 こういうシーンが不得意そう。
DSCF0144.JPG
 遠景はかなりきっちり描写出来るが、普通かな。
 画角が人間の目に近いので、もう少し広角気味の方がパースがついて変化が出るのだが。
 次は21〜24mmぐらいのレンズを買ってみよう。
DSCF0146.JPG
 小雪がちらちら舞ってきた。
DSCF0148.JPG
 3月だというのに、なかなか暖かくならないな〜。
DSCF0149.JPG
 東京都庁にやってきた。
DSCF0152.JPG
 カホちゃんがパスポートの更新をしたので、途中で待ち合わせて取りに来た。
DSCF0153.JPG
 良いレンズは、なんでも無いものを撮っても絵になるものだ。
 昔、サラ・ベルナールがレストランで声を出してメニューを読み上げると、周りにいた人々は涙を流したという。
 レンズも女優も、これらの凄さは「密度(ヴォイス)」なのである。
 

posted by アサノ | 00:08 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2943
トラックバック
Search this site