経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ヒューマンインタフェースにおけるデザイン教育のススメ | TOP | 退職のお知らせ >>
アンコールワットに行きたい

DSCF0188.JPG

 退院してから1週間ぐらいが過ぎたが、ちょっと歩いただけでへとへとになる。
 元の体に戻るには随分と掛かるのだろう。
 身体やメンタルを元気にさせるには目標や喜びが必要だ。
5月連休にカンボジアのアンコールワットに行くことにした。
 バックパッキングをすると、脳や体中の細胞が活性化する。
 タイのバンコクから陸路カンボジアに入り、その後ベトナムに抜けてハノイから帰ってこようという計画だ。
 僕らの世代だと、カンボジアやアンコールワットと言えば「地雷を踏んだらサヨウナラ」の一ノ瀬泰造や「キリング・フィールド」のシドニー・シャンバーグのイメージ、行きたいけど行けない場所って思いが強かったけど。
最近では観光開発が進んで、もう地雷とか無いらしい。
 死ぬまでに一度は見ておきたかったから、良い機会だと思う。

 

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
posted by アサノ | 00:13 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2945
トラックバック
Search this site