経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< カンボジアに持って行くものリスト3(衣類・くつ) | TOP | 今月の京都・名古屋めし 2014年4月 >>
カンボジアに持って行くものリスト4(ガジェット)
IMG_2279.JPG
 今回紹介するのはガジェット類。
 飛行機も手荷物だけなので、あまりヘビーなものは持って行かない。
 まずはSIMフリーのiPad mini(16GB)と機種変更してiPod化したiPhone5(64GB)。
 ほとんど宿かカフェのWiFi利用なので、iPad miniは情報検索と読書用。
IMG_2276.JPG
 iPhone5は64GBあるので写真のバックアップ用&iPod兼非常用カメラ。
 音声通話は、道端ですることは無いのでWiFiのある所でSkypeかFace timeで充分だ。
 しかし、こういう小さい電子機器は盗難リスクを考えると、持って行くべきかギリギリまで迷うな。
DSC00209.JPG
 これが今回の秘密兵器。ww
 バッファローの「スマートフォン/タブレット用USB充電器 4ポートタイプBSMPBAC02」。
IMG_2274.JPG
 iPhone/iPad2台+Androidスマートフォン2台の合計4台の機器を同時に急速充電できる優れものだ。
 しかも、当たり前だが変圧も100V〜240Vで大丈夫。
DSC00219.JPG
 最近のSONYのデジタルカメラは、充電器がいらずUSBケーブルで済むので助かる。
 CANON S110はちょっと古いので充電器あり。小さいから許す。w
 SDカードは、写真をある程度撮ったら、保護の為に入れ替える用。
 これは持って行くか行くまいか迷っている最近人気のAnker「Anker Astro 3E 10000mAh 大容量モバイルバッテリー」。
 これさえあれば、持って行っているガジェット(カメラ含む)は全部充電出来ちゃう。
 安心と重さ(246g)のトレードオフだね。普段はもっと小さなAnkerの5200mAhのものを持ち歩いている。
DSC00214.JPG
 ホテルの部屋には日本みたいに沢山の電源が無いので、コンパクトなテーブルタップ(3口)。
 タイ・カンボジア・ベトナムのプラグはCタイプか日本と同じAタイプのはず。
 「これがあったら便利」とか「もしかしたらいるかも」というのは持たない主義。
 身軽こそが「楽しい旅」の最大条件である。
 てか、結構あるな。ww

追記:
 結局、iPhoneとモバイルバッテリーは置いていった。
 結果としては、やはりiPhoneは持って行った方が便利だったと思う。
 モバイルバッテリーは小さい5200mAhのものを持って行った。
 使ったのは、LEDの懐中電灯機能だけだった。w

◇2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
3月19日:アンコールワットに行きたい
4月30日:バンコク到着
posted by アサノ | 00:12 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/2983
トラックバック
Search this site