経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 第13回情報デザインフォーラムの発表 | TOP | カンボジアに持って行くものリスト1(カメラ) >>
2014年度 HCD-Netフォーラムのご案内 
http://www.hcdnet.org/event/2014_hcd-net.php

■ 日時: 
2014年5月23日(金) 
・午後: 基調講演・基調パネルディスカッション  懇親会 
2014年5月24日(土)
・午前: HCDチュートリアル 
・午後: 研究発表会 春季 

■ 場所: 東海大学 高輪キャンパス (品川) 

■ 主催: NPO法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net) 

■ プログラム:
 
2014年5月23日(金) 

13:00 開場  2号館 ホール(大講堂) 
13:30-14:30
基調講演: 「デザイン思考とHCD」 紺野 登氏 (多摩大学大学院経営情報学科教授、Japan Innovation Network代表理事) 
多摩大学大学院経営情報学科教授、Japan Innovation Network代表理事。KIRO(知識イノベーション研究所)代表、多摩大学大学院教授、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特別招聘教授、東京大学i.schoolエグゼクティブ・フェロー、一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)代表理事。早稲田大学理工学部建築学科卒業。博士(経営情報学)。知識経営とデザイン・マネジメントの研究と実践を続ける。現在は「知識デザイン思考」「フューチャーセンター」「目的工学」などの考え方を広めるべく活動している。 著書に『知識デザイン企業』(日本経済新聞出版社)、『知識創造経営のプリンシプル』(野中郁次郎氏との共著、東洋経済新報社)、『幸せな小国オランダの智慧〜災害にも負けないイノベーション社会〜』(PHP研究所)、目的工学に関して『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか』(ダイヤモンド社)などがある。

14:40-16:10 
基調パネルディスカッション1: 
「これからのHCD/UXD」 これからのHCDやUXはどのようなことを考慮するべきかディスカッションする 
パネラー 
渡邊 康太郎氏 (takram design engineeringディレクター) 
外山 雅暁氏 (特許庁総務部国際協力課意匠政策班班長課長補佐) 
松原 幸行氏 (HCD-Net理事・キヤノン研究員) 
安藤 昌也氏 (HCD-Net理事・千葉工業大学准教授) 
 
16:20-17:50 
基調パネルディスカッション2: 
「おもてなし-2020年ののUXを考える」 2020年のオリンピックに向けて、日本のおもてなしとUXについてディスカッションする 
パネラー 
林 千晶氏 (ロフトワーク代表) 
丸山 幸伸氏 (日立製作所主管デザイナー) 
長谷川 敦士氏 (HCD-Net理事・コンセント代表) 
山崎 和彦氏 (HCD-Net理事・千葉工業大学教授) 
 
18:10-20:00 
懇親会 4号館B1階 「コメドール」 
 
2014年5月24日(土) 

・午前: HCDチュートリアル 各定員50名 
「理解のデザイン(仮)」 長谷川 敦士氏(HCD-Net理事・コンセント) 
「HCDにおけるマネジメント(仮)」 篠原 稔和氏(HCD-Net理事・ソシオメディア) 「UXの設計と評価(仮)」 黒須 正明氏 (HCD-Net理事・放送大学) 

・午後: 研究発表会 春季 
口頭発表・ポスター発表 

posted by アサノ | 00:22 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site