経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2014年GW インドシナ半島の旅 3日目市場好き(バンコク・ヤワラー) | TOP | 若月(新宿思い出横丁) >>
2014年度 HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論」#01 エスノグラフィ
 5月10日(土)、今年もHCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論(全6回)」がスタートした。
 初回の会場は、品川シーサイドにある「楽天大学」さん。
DSCF0271.JPG
 本日の講師は安藤理事。
 テーマは「エスノグラフィ」。
DSCF0279.JPG
 まず講義を2時間近くみっちり学ぶ。
 この講義を聴くだけでも、講座に参加する価値があると思う。
DSCF0291.JPG
 続いて、チームに分かれてフィールドワーク。
DSCF0313.JPG
 午後に戻って来たら、フィールドメモをまとめる。
DSCF0309.JPG
 メモから、重要な事象を、KAカードに価値として記述。
DSCF0316.JPG
 安藤先生がコツを丁寧に教えてくれる。
DSCF0317.JPG
 なるほど、なるほど。。
DSCF0323.JPG
 フィールドワークで撮影した写真も利用。
DSCF0324.JPG
 KA法はKA法は、紀文食品の浅田和実氏が食品の新商品開発のために開発した、定性情報分析法。
DSCF0327.JPG
 安藤先生が、UX創出のための質的分析法として再評価した手法である。
DSCF0330.JPG
 丁寧に教えて下さいます。
DSCF0331.JPG
 KAカードに、フィールドワークで撮った写真を貼り、その行為の価値を書き出す。
DSCF0334.JPG
 あ〜やって、こうやって。。
DSCF0342.JPG
 写真が無い場合はイラストでも可。
DSCF0352.JPG
 各自が書き出したカードを集め。
DSCF0362.JPG
 KJ法で分類する。
DSCF0363.JPG
 この分類がキモで。
 普通にKJ法でやってしまうと、慣れない人はカテゴリーで分類してしまうが。
DSCF0365.JPG
 KA法は価値でグルーピングして行くのがポイント。
DSCF0381.JPG
 グルーピングした中分類を、不定形に切った台紙で模造紙上で大分類して行く。
DSCF0388.JPG
 位置関係はこれで良いかな?
DSCF0390.JPG
 表題をつけて。
 チーム名も忘れずに。
DSCF0393.JPG
 位置関係が決まったら、その関係を矢印で示す。
DSCF0394.JPG
 今回は会場の問題もあり、なかなか壁に向かってブレスト出来なかったが。
DSCF0397.JPG
 やっとこの段階で、活発なブレストが行われた。
DSCF0409.JPG
 プレゼンスタート!
DSCF0417.JPG
 皆さん、慣れていますね。
DSCF0432.JPG
 こういう階段教室は、発表を見るには良いですね。
DSCF0436.JPG
 丸1日のセミナー、お疲れさまでした。
 次回は、長谷川理事の「カスタマージャーニーマップ」です。

 
◇2014年度 HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論」アーカイブ
第1回05月10日(土):安藤理事「エスノグラフィ」
第2回06月07日(土):長谷川理事「カスタマージャーニーマップ」 
第3回07月12日(土):山崎理事「発想法 」
第4回09月13日(土):早川理事「ユーザーインタビューと要求抽出 」
第5回10月11日(土):早川理事「構造化シナリオ法」 
第6回11月15日(土):浅野理事「ペーパープロトタイピング 」

2013年度 HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論」アーカイブ
第1回05月18日(土):安藤理事「エスノグラフィ」
第2回06月08日(土):長谷川理事「カスタマージャーニーマップ」
第3回07月06日(土):山崎理事「発想法」
第4回09月28日(土):早川理事「インタビュー調査」
第5回10月19日(土):早川理事「構造化シナリオ法」
第6回11月16日(土):浅野理事「ペーパープロトタイピング」
posted by アサノ | 00:01 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site