経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2014年GW インドシナ半島の旅 4日目バンコクから陸路カンボジア国境へ | TOP | 山角(下北沢)昼から飲める定食屋 >>
2014年GW インドシナ半島の旅 4日目国境からシェムリアップ
DSC01232.JPG
 ポイペトでカンボジアに入国。
DSC01233.JPG
 一挙にタイとは違った雰囲気だ。
 東南アジアの優等生と、東南アジアの最貧国との違いか。
DSC01234.JPG
 カンボジアの公務員の月給は10USドルぐらいというから、たかりもあるのかな。
 ちなみにタイの平均給与は250〜300USドルぐらいだと思う。
 それでも日本の10分の1だ。
DSC01235.JPG
 この街で、ピックアップトラックの交渉をするのは大変そうだ。w
DSC01236.JPG
 今回はVIPバスで来ちゃったけど、若者にはもっと非効率的な冒険をして欲しい。ww
DSC01238.JPG
 埃っぽい街を抜けて、郊外へ向かう。
DSC01240.JPG
 カンボジアというとジャングルを思い浮かべてしまうが、まるで北海道のようだ。
DSC01242.JPG
 まるで満州だね。
DSC01245.JPG
 ということは、水さえあればまだまだ開拓の余地があるということか。
 タイにも近いから、工業団地も作れるね。
DSC01249.JPG
 以前は、ポイぺトからシェムリアップまでは未舗装で大変だったというが。
 現在は一部に未舗装が残っているぐらいだ。
DSC01250.JPG
 20年前の北海道道東ぐらいのもんだ。w
DSC01252.JPG
 昔は、私もこうやって北海道をバイクツーリングしていました。w
DSC01253.JPG
 徐々に人家が増えて来て。
DSC01254.JPG
 18:30シェムリアップに到着。
 約9時間半のバス旅行でした。うち国境に2時間滞在。
 意外と疲れなかったな〜。
DSC01256.JPG
 降りた客にバイクタクシーやトゥクトゥクが群がる。w
DSC01257.JPG
 欧米人は躊躇なく乗るね。
DSC01258.JPG
 私は、荷物も軽いのでテコテコ歩き出す。
 シェムリアップの宿は、オールドマーケット近くのゲストハウスだ。
 折角時間も早いのだから、夜のシャムリアップを見て歩きたいじゃないですか。w
DSC01259.JPG
 ランドマークが2ヶ所ぐらい見つかれば、だいたいどこにいるかが分かる。
 ここはパブストリートみたいだから、なんとかなりそうだ。w
DSC01260.JPG
 ホテル・カリフォルニアみたいですね。
 「Elephants Hotel & Restaurant」ここでも1泊6000円ぐらいじゃないか。
DSC01262.JPG
 ゲストハウスに向かう真っ暗な道を歩いていたら、子どもの声がする。
DSC01264.JPG
 何をやっているか分からないが、子どもが大勢いて大声を出しているのは良いものだ。
 知らない街に来たのだが、ここでスッと気持ちが落ち着いた。
DSC01265.JPG
 ゲストハウスまでの道は、未舗装の土の道で、街灯等の灯りが無い真っ暗闇。
 20年前のジャワ島以来だ。楽し〜ぃ。w
DSC01266.JPG
 おお、どうもここらしい。
 真っ暗だけど、危険な感じはしない。
DSC01267.JPG
 「Golden Temple Villa」という。
DSC01268.JPG
 おお、なんだか怪しい。w
DSC01269.JPG
 「バリ島風ラブホテル」みたいだ。ww
 たしかデラックスルームで1泊2000円ぐらいだと思った。
DSC01270.JPG
 とりあえず、今回の旅行の最難関バンコク→シェムリアップに無事到着!

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
posted by アサノ | 06:08 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site