経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2014年GW インドシナ半島の旅 5日目電動バイクでアンコールトムツーリング | TOP | ワークショップにおけるコツの研究(13)学びのコストの勘違い >>
2014年GW インドシナ半島の旅 5日目やっと現地に溶け込む
DSC01546.JPG
 なんとかシェムリアップの市内に帰ってきて。
 疲れた足をフットマッサージでほぐしてもらい。w
 東南アジアはマッサージが安いのと、技術がそれほど高くないので長時間やっても「揉み返し」が少ないのでお勧め。w
DSC01547.JPG
 帰り道にお腹が空いたので、焼き鳥パンを食べよう。
 鶏と一緒にバゲットも焼いてくれるのがうれしい。
DSC01548.JPG
 辛いソースをかけてガブリ!
 朝のやつより美味い。
 観光客向けでは無い屋台だったみたい。
DSC01550.JPG
 ホテルの近くまで戻って来て、水を買おうと思ったら。
 急に降り出したスコールに、ホテルの向かいの店に降り込められてしまった。
DSC01549.JPG
 そうしたら、中にいたきれいな女性が自分が食べていたスイカを勧めてくれた。
 日本で食べるスイカより全然甘くて美味しくて、お言葉に甘えて座り込みむしゃむしゃ食べてしまい。
 そのうち、子どもと遊んでいたら。
 「雨がやむまでずっと居ていいのよ。うふ」みたいなことを言われ。多分w
 なにやらもの憂げに縫い物をする彼女と、スコールの水で遊ぶ子どもとまったりとした時間が流れ。。
 「なんだか、こういうのもいいな〜。」と思ってしまった。ww
DSC01551.JPG
 後ろ髪を曳かれながら「このままここに居たら、前に進めなくなる。」と思い、スコールの中に飛び出し。
 ホテルに帰って来た。w
 この部屋で2000円ぐらいか。
DSC01552.JPG
 シャワールームも広いしお湯も安定してる。w
IMG_2605.JPG
 夜になって食事に出てきた。
 テレビシアターには、今夜もまばらにお客が。
 チケット制なのか、飲み物でも買うのか。
 システムが知りたい。
IMG_2607.JPG
 パブストリートはもうつまらないので、オールドマーケットの辺りをぶらつく。
IMG_2608.JPG
 昼間の屋台めし以来「やっぱり東南アジアの食事は金額と反比例する」ことを思い出し。
 地元の人の行く店を物色。
IMG_2618.JPG
 おお、ここはばあちゃんがやってる食堂だ。
IMG_2611.JPG
 ここで、ちょっと贅沢に「これと、これと、これ!」みたいな大人買い。w
 右側の冷たい野菜スープが、まったく薄味なんだけど野菜の旨味で美味しかった。
IMG_2612.JPG
 お〜い、ビールに氷はいらないよ。
IMG_2614.JPG
 なんだか、注文したより沢山出てきた気がする。w
 周りのテーブルを見たら、残すのはマナー違反では無いらしいので無理はしないでおこう。
 ほとんどの国に行って、日本みたいに「もったいないから全部食べる」という風習のあるところに遭ったことがない。
 日本て、本当に貧しい国だったのだと思う。w
IMG_2619.JPG
 この店でも子どもが働いている。
 ばあちゃんの孫か?
IMG_2617.JPG
 6ドルも食っちまった。w
IMG_2620.JPG
 並びの店は、ほぼ外国人観光客相手のようだ。
IMG_2621.JPG
 この辺りはオールドマーケットの場外市場という感じ。
 外国人がお土産を買っている。
IMG_2631.JPG
 裏パブストリートのバーにやって来た。
IMG_2623.JPG
 ビールでも飲もう。
IMG_2624.JPG
 賑やかなお店だった。
IMG_2626.JPG
 モヒート。
 ビールとモヒートで3.5US$。
 昨日のバーの方が高かったが美味しかった。
IMG_2633.JPG
 カンボジアにも外資系の工場が進出しているようだ。
 工業製品よりは技術移転がし易いfast fashionからなのだろう。
 ここで買った25$の長袖シャツが、この後ベトナムに行ったら同じNOTHE FACEの路面店で40$だった。更に日本だと100$だ。w
IMG_2634.JPG
 スーパーで水を買って帰ろう。
IMG_2638.JPG
 明日は、この辺りで食べようか。
 よく、こんな暗い所で食べれるな。w
IMG_2640.JPG
 メインストリートの「シヴァタ通り」から、このMoon Villaの角を曲がると。
IMG_2639.JPG
 真っ暗な、我が「Golden Temple Villa」に帰る道がある。
 未舗装だし道路灯も無いので、最初は焦ったがすぐ慣れた。w
IMG_2641.JPG
 この店はずっと薬局かと思っていたが、どうも病院らしい。ww
IMG_2643.JPG
 来た日に子どもたちが沢山いた、学校なのか?
 なんだか、この路地もシェムリアップの街もカンボジアも好きになった来た気がする。ww

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目夜明けのアンコールワット
5月06日:7日目樹木に飲み込まれたタ・プローム
5月06日:7日目さらばカンボジア

posted by アサノ | 06:07 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3054
トラックバック
Search this site