経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< DMM.com 社内研修#04 インタビュートレーニング | TOP | 2014年度 HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」#02 課題説明とタスク設計 >>
ハリオのコーヒードリッパーV60
IMG_3460.JPG
 我が家のもう何代目か分からない「CHEMEX / ケメックス」コーヒーメーカーが、食洗機に入れたらヒビが入ってしまい、今にも割れそうな風前の灯状態となっている。
 もうかれこれ20年近く、ケメックスで淹れたコーヒーを朝飲むのが日課になっている。
 あの分厚いペーパーフィルターが、コーヒーの雑味や苦味を吸収してまろやかな味に仕上げてくれるのだ。
 しかし高い!
 そこで、最近海外で人気に火が付き、日本に逆輸入されてきた「ハリオV60」のドリッパーを試しに買ってみることにした。
 価格で言えば5分の1以下か。ww
IMG_3461.JPG
 ケメックスはいかにもアメリカ人が作ったらしい、単純で贅沢なプロダクトだ。
 ハリオは、これはまた日本人じゃなくては出来ないような工夫に満ちている。
 この円錐形のペーパーフィルターもその一つだ。ネルドリップに一番近いらしい。
IMG_3462.JPG
 ケメックスのサーバーは8600円、ハリオは1300円。ww
IMG_3464.JPG
 早速淹れてみました。
IMG_3466.JPG
 お湯の落ち方が、ケメックスに比べると格段に速い。
IMG_3465.JPG
 飲んでみたけど、同じ豆でもケメックスより苦く感じる。
 恐るべし、古き良き贅沢なアメリカ。ww
 割れるまではケメックスを使おう。ペーパーフィルターもアマゾンで大量買いしちゃったし。ww

◇関連情報:コーヒーの第3の波
posted by アサノ | 06:14 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site