経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ノートパソコン配布 | TOP | 休日 代官山 >>
出張スタイル(ノートPC)

 娘が、先週のリベンジでまたプチ断食をやろうと言う。やだなと思いながら、付き合っているのですが・・・。普通は胃液って1日3リットル出るそうです。胃の中に何も入っていないと胃壁を荒らしてしまうので、前日まで普通の食事だった人が急に断食をする時は注意が必要だ。気持ちの準備が出来ていなかったので、少し胃が痛い。

 息子の反抗期が続いていて、「昼ごはんどうする?」と聞くと「焼きそばでいいよ。」とぶっきらぼうに答える。「いいよ」じゃなくて「お願いします」だろう・・・。

 奥の手としてレンタルビデオショップでアメリカのホラー映画を借りてきた。「一緒に観よう。」と言って私のベッドのテレビで観だしたら、横にもぐりこんで来て、怖いシーンは足を絡ましてやんの。ちょろいものだね。

 出張に持ってゆくノートPCは、定番のPanasonic・レッツノートW5だ。私は普段使うパソコンはデスクトップ派で、キーボードの感触がノートはグニャグニャして嫌いなのです。スペックに対するコストパフォーマンスもデスクトップの方がいいしね。

 だけど出張先での用途は、ほとんどPPTとNETと報告書作成ぐらいですからスペックはそこそこで良いのです。レッツノートは、そこらへんは良く出来てて、軽量・頑丈・長時間駆動が素晴らしい。特に電池は、電源の取れないセミナーって結構あるし、私は新幹線の中でDVDを観るので、このPCはよく出来てます。新横浜から広島まで2本DVD観たこともある。

 通信は、最近ホットスポットも多いし、ホテルは大抵LAN完備だから、PHSのカードは持ってません。あまり不便もないです。

 今のところは、とても満足してます。ただし、1台しか持てないのであれば、娘の持ってるDELLのモバイルノートの方が、値段は2.5分の1でスペックも良い。レッツノートは、まさに出張に特化したセカンド・ノートPCだね。

 以前、韓国サムスンのAI研究者がサムスン製の派手なモバイルノートを取り出したので「日本ではこれ持ってないとかっこ悪いんだよ。ハムニダ」と教えてあげたら。「VAIOじゃないのですか・・ムニカ?」と古いことを言っておった。

 「ビジネスマンは持っているノートPCで、出来るか出来ないか見透かされるよ。カムサンビラ」と少し嘘を教えてしまった。ごめんね

 VAIOがポストモダン風とすれば、レッツノートはミニマリズム的だね。
posted by アサノ | 20:47 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site