経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< DMM.com 社内研修#05 カスタマージャーニーマップ | TOP | 2014年度 HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」#03 パイロットテスト >>
2014年GW インドシナ半島の旅 6日目カンボジアの農村を行く
DSC01710.JPG
 天空の城ラピュタことベン・メリアを見終り、チャーターしたタクシーの元に戻ろう。
DSC01713.JPG
 帰り道で子どもが遊んでいる。
DSC01714.JPG
 集まって来て。。
DSC01716.JPG
 記念撮影、パチリ!
DSC01718.JPG
 そうしたら「水をちょうだい。」と言う。
 「ええ、これっ。」て持っていた飲みかけの水のペットボトルを渡すと。
 奪い合って飲んでいた。
 そうか、この子たちは水道が無い村に住んでいて、常時ペットボトルの水なんか飲めないんだよな。
DSC01719.JPG
 女の子の方が能天気。ww
 もしまた来ることがあったら2Lの大きいペットボトルを2〜3本持って来よう。
DSC01721.JPG
 ベン・メリアの外濠は藻なのか水草に覆われている。
 水の下になにかいそう。。
DSC01728.JPG
 駐車場に来たら、タクシーがどこに駐めているのか分からず。
 まあ慌てずにランチにしよう。
DSC01726.JPG
 食堂に入り。
DSC01724.JPG
 カレーとマンゴーサラダ。
 マンゴーはタイの硬い奴じゃなくて、漬物みたい。
DSC01727.JPG
 トイレはバケツから天水を流す水洗式。
DSC01729.JPG
 昼を過ぎたらHISのマイクロバスが何台も日本人客を沢山連れてきた。
 ベン・メリアはラピュタのせいか日本人にだけ人気があるそうだ。
 オプションツアー料金を調べたら、なななんと70US$だそうだ。
 1台のバスに何人乗っているの・・・。
DSC01731.JPG
 タクシーと合流して、帰途につく。
DSC01732.JPG
 カンボジアの田舎道をドライブしてくれる。
DSC01734.JPG
 こういうのが楽しいな〜。
DSC01736.JPG
 通り過ぎる景色が、もっとゆっくり見たいな〜。
 ドライバー氏にしてみれば、特に珍しくは無いのだろうが。w
DSC01738.JPG
 そのうち「私が生まれたのは、この近くの村だ。」と話はじめ。
DSC01743.JPG
 来た時とは違う方向にどんどん行く。ww
DSC01745.JPG
 未舗装道路をガンガン走る。
DSC01746.JPG
 ラリーみたいです。ww
DSC01748.JPG
 小さな村に着き、一旦停車。
DSC01749.JPG
 ドライバー氏は、車を降りてトコトコ歩いて行ってしまい。
DSC01750.JPG
 ちょうど良いので、車を降りて村を見学。
DSC01751.JPG
 思わぬカンボジアの農村を見学で来てラッキー!だ。
DSC01752.JPG
 柵があり。
DSC01753.JPG
 ニワトリ。
 こういう放し飼いで虫とか食べていれば、肉が美味いはずだ。w
DSC01754.JPG
 牛か?
DSC01755.JPG
 民家にズカズカ入って行って、子どもとご挨拶。
DSC01758.JPG
 ドライバー氏が戻って来たら、女性を連れており。
 「女房の姉さんなんだけど、シェムリアップまで同乗させてね。(テヘペロ)」みたいな感じで。
DSC01757.JPG
 いや〜、よくしゃべるんだ、このおばちゃん。
 シェムリアップに着くまで一人でしゃべりっぱなし。w
DSC01760.JPG
 「ありがとね〜。バイバイ」
DSC01761.JPG
 ヘルメット持ってるから、こっちにバイクを駐めてあるのか。
DSC01762.JPG
 右手の白い建物がドライバー氏の家だそうだ。
 なんだ、俺より大きな家持ってんじゃん。w
DSC01763.JPG
 約1時間のドライブでホテルに帰着。
 あ〜、今日は楽しかったな。

2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目夜明けのアンコールワット
5月06日:7日目樹木に飲み込まれたタ・プローム
5月06日:7日目さらばカンボジア

posted by アサノ | 06:02 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3075
トラックバック
Search this site