経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2014年GW インドシナ半島の旅 6日目カンボジアの農村を行く | TOP | 2014年度 HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論」#03 発想法 >>
2014年度 HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」#03 パイロットテスト
DSC03108.JPG
 7月10日(木)、第3回目の講習。
 ワークショップに先立ち、講師の古田先生から「モデレーターの勘所」の講義があり、とても勉強になった。
DSC03125.JPG
 講義後、各チームはタスクの精度を高める作業へ。
DSC03126.JPG
 最近は「タスク」という言葉が「作業手順」ではなく「ユーザー体験」を表すようになってきているので、そこがポイントか。
DSC03127.JPG
 電子機器系の人は、未だに作業手順でもテストが出来るが、Web系の人は明らかにユーザー体験でタスクを作らないとテストにならん。
IMG_4300.JPG
 これじゃラーポールは形成されんだろう。ww
DSC03129.JPG
 タスクが出来たら、パイロットテストに入る。
DSC03140.JPG
 まず、開発メンバーで試しにユーザービリティテストをしてみて。
 そのタスクでテストが上手く出来るかを試してみるのだ。
DSC03143.JPG
 衝立を使って、即席のラボを作った。w
DSC03144.JPG
 これはいいね。
DSC03147.JPG
 産技大の卒業生がいるチームは、いろいろ考えるものだね。w
DSC03149.JPG
 私も最近は、タスクに専念して貰う方が良い被験者には「思考発話」を無理強いせずに、テスト後に「回顧式インタビュー」をするようにしています。
DSC03152.JPG
 かなり詳細なチェックリストを作って来たチームも。
 パイロットテストで出た問題を修正して、次回は「実査」に挑みます。
DSC03157.JPG
 終了後は10年に一度の台風が襲って来るのにUX酒場「げんてん」で懇親会。w
IMG_4303.JPG
 台風がやって来ないようなので、「ボイルストン」で2次会。
IMG_4301.JPG
 生バスペールエールとフライドポテト。
 ケチャップとマスタードの量が多いのがジャンクで嬉しい。ww

◇参加者松崎さんのブログ:http://www.hokorin.com/2014/07/20140710.html

◇2014年度HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」アーカイブ。
06月26日(木):第2回タスク設計
07月10日(木):第3回パイロットテスト
07月24日(木):第4回実査
08月07日(木):第5回分析・発表・講評

posted by アサノ | 06:09 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site