経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< インフォバーン(京都) | TOP | 2014年 祇園祭宵山 >>
猪一(京都寺町)
DSC03433.JPG
 インフォバーンさんからの帰り道、ホテルの部屋はまだ掃除中なので15時までは時間を潰さなくてはいけないので新京極をぶらぶら。
DSC03434.JPG
 寺町まで歩いてきたら、先日から気になっていた支那そば「猪一」があった。
DSC03436.JPG
 食べログでは京都ラーメンランキング「第3位」というお店。
DSC03437.JPG
 あまり並んでいなかったので、これは食べねばなるまい。。
DSC03438.JPG
 初めてお店なので、何を食べたら良いのか分からないぞ。
DSC03441.JPG
 向かいは「あいばカレー食堂」。
DSC03448.JPG
 ランチタイムの終わり時間だったので、最後の一人として入店。
 新しい清潔なお店です。
IMG_4353.JPG
 注文したのは「支那そば(白)」と「蒲焼きチャーシュー丼」のランチタイムセット。
 支那そば(白)は超さっぱりの薄味スープ。
DSC03445.JPG
 蒲焼きチャーシュー丼は、ついさっき井登さんと「MACHIYA 兪」でランチしたばかりなので、ちょっとご飯を残す。すいません。。
 隣の自然食のレストランのランチも美味しそう。
DSC03454.JPG
 「寺町」って今までは「京都の秋葉原」とか外人御用達カプセルホテル「ナインアワーズ」のイメージだったけど。
 意外と食の充実したエリアでした。
DSC03456.JPG
 しかも名前どおり仏具屋さんが多い。w
DSC03458.JPG
 宗教と日常が融和しているのが京都の良いところ。
DSC03460.JPG
 こんな近代的なマンションにも、小さな祠が。
DSC03462.JPG
 こんな古い住所標識が現役です。
DSC03464.JPG
 ここは何だろう?
DSC03465.JPG
 青銅の鬼か。
 お寺なの?
DSC03467.JPG
 歴所の学校では無く、学校の歴史の博物館。
DSC03470.JPG
 その斜め向かいに、今一番行ってみたいバー「ロッキングチェア」がある。
 薪ストーブが売りなので、冬に行った方が良いか。
 さて、そろそろ部屋の掃除も終わった頃だろうから、ホテルに戻って一休みだ。

◇翌日再訪
DSC03563.JPG
 「支那そば(白)」のあたりが弱かったので、濃いめの「和牛そば(黒)」を食べてみた。
 「猪一」さんのラーメンは、私には少し上品過ぎるかもしれない。


◇2014年07月京都の夏休みアーカイブ
7月15日(火):祇園祭宵々山
7月16日(水):猪一(京都寺町)
7月16日(水):祇園祭宵山
7月17日(木):祇園祭山鉾巡行


◇ラーメンアーカイブ
2014年05月:満来(新宿)
2014年03月:鶏舎(青葉台)
2014年02月:英(経堂
2013年11月:δ癲焚舎迷堯
2013年07月:一粒庵(札幌)
2012年11月:彩未(札幌)
2009年06月:すみれ(札幌)
posted by アサノ | 06:17 | B級グルメ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3099
トラックバック
Search this site