経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(熊本栄通り) | TOP | 高円寺の事務所(リフォーム編)ハウスクリーニング >>
島原半島に渡る
DSC04245.JPG
 7月28日(月)熊本の朝。おはようございます。
DSC04246.JPG
 熊本交通センター。
 ホテルのあるサンロード新市街から歩いてすぐ。
DSC04249.JPG
 バスで熊本港まで行って、フェリーで島原半島に渡るつもりだ。
DSC04252.JPG
 フェリーのチケット780円。
 約1時間の航路だが、30分の超高速カーフェリーは1000円。
DSC04253.JPG
 超鈍足カーフェリーに乗り込む。w
DSC04257.JPG
 途中、超高速カーフェリーと行き交う。
 うらやましくなんかないわい。ww
DSC04260.JPG
 折角、日本の辺境に来ているのだから、のんびり旅をしよう。
DSC04261.JPG
 島原港に着岸。
DSC04268.JPG
 どこに行っても、子どもは好奇心の塊だ。w
DSC03441.JPG
 折角なので2時間ぐらい島原の街を観光してみるか。
DSC03443.JPG
 島原城。
 昨日、巨大な熊本城を見た眼には砦ぐらいにしか見えない。w
DSC03444.JPG
 お濠を覆い尽くすハスの葉っぱ。
 気候が温暖なせいか。。
DSC03409.JPG
 おしゃれな理髪店。
 ここで髪を切れば記念になったのに、失敗した。w
DSC03412.JPG
 古い住宅がある地域にやって来た。
DSC03414.JPG
 おお、凄い通りだ。
DSC03413.JPG
 武家屋敷街ね。
DSC03420.JPG
 まだ人が住んでいるんだ。
DSC03425.JPG
 いいな〜、古いものでも未だに人が住んで生きている場所が好きだ。
DSC03427.JPG
 道の真ん中に飲料水の水路が。
 ここで女性たちが野菜を洗ったり、井戸端会議をしたのでしょうか。
DSC03429.JPG
 今回は、生まれて初めて電動アシスト付き自転車をレンタルしました。
 これは、はっきり言ってバイクです。
 調子出過ぎて、国道で右側から自動車を追い越して走ってしまった。w
DSC03433.JPG
 1991年に火砕流で43名の死者・行方不明者を出した雲仙普賢岳。

 雲仙普賢岳火砕流の発生状況(平成3年)
DSC03452.JPG
 湧き水がきれいだ。
DSC03455.JPG
 水や神と共存している街は豊かだ。
DSC03457.JPG
 漁港の方まで自転車で来てみた。
DSC03472.JPG
 「漁人市場」とな。
DSC03462.JPG
 いけすで魚を選んで、料理して貰えるらしい。
DSC03463.JPG
 月曜日なので、観光客がいない。良かった。w
DSC03465.JPG
 三食丼。タイ・イカ・マグロ
 マグロって島原近海で獲れるのか?
DSC03473.JPG
 古い看板があったが、わざとだよね。。
DSC03476.JPG
 アーケード島原一番街のはずれにある「銀座食堂」。
 こういう地元民御用達の店で食べればよかったな〜。
DSC03480.JPG
 露店で売っているものも美味しそう。
DSC03481.JPG
 魚屋さんの店先には、お刺身が安い。
DSC03482.JPG
 見たことの無い魚も。
DSC03483.JPG
 そうか、ここは有明海か。
 ムツゴロウとかいるんだよね。
DSC03487.JPG
 ちょうど2時間で駅に帰って来た。
 と・・電車が出たばかりで、1時間待合室で待つことに。
 ならば銀座食堂で、「かんざらし」食べてくれば良かった。とほほ
DSC03491.JPG
 やっと島原鉄道に乗って出発!
DSC03492.JPG
 海辺の無人駅。
DSC03495.JPG
 2両編成のワンマン列車の乗客は、高校生と老人のみ。w
DSC03499.JPG
 おお、日本の原風景だ。
DSC03502.JPG
 島原鉄道終点の諫早に到着。
 JRに乗り換えて長崎を目指す。

◇7月の福岡・熊本・長崎の旅アーカイブ
7月25日(金):警固の夜(福岡赤坂)
7月27日(日):熊本で熊本城に登る
7月28日(月):島原半島に渡る
7月28日(月):久しぶりの長崎
7月29日(火):東京に帰ります
7月25日〜29日総集編:九州麺食いの旅
posted by アサノ | 06:18 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3119
トラックバック
Search this site