経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(高円寺中通商店街) | TOP | UX KYOTO #01 オブザベーション(観察法)1 >>
2014年度 HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」#06 モバイルの設計と評価
DSCF1884.JPG
 8月23日(土)、HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」の第6回目。
DSCF1844.JPG
 今回の会場は、渋谷ヒカリエのNHN PlayArtさん。
DSCF1825.JPG
 第6回の講師は、ネットイヤーグループの坂本貴史さんと、グリーの村越悟さんのお二方。
DSCF1850.JPG
 今を時めく若手UX/IAの実践者、どうぞ、よろしくお願い致します。
DSCF1832.JPG
 今回はシリーズの中では「ユーザービリティ評価」ではなく「UX評価」について話をして欲しいとお願いをしてある。
DSCF1835.JPG
 まずは坂本さんから。
DSCF1837.JPG
 Google Trendsで見ると、こんなに変わって来ているんだ。w
DSCF1841.JPG
 うしろに何かいっぱいいます。w
 続いて村越さんの講演。
DSCF1849.JPG
 「ゲーム開発におけるユーザーテストの取り組みと実務」むむ、これは興味がある。
DSCF1877.JPG
 写真を撮ってはいけないスライドが多く。。
 村越さんからの提言「Just Enough」。ww
DSCF1881.JPG
 午前の部が終わり。
 ちょっと休憩タイム。
 トップの写真は坂本さんの作品。
DSCF1888.JPG
 午後はワークショップ。
DSCF1933.JPG
 凄まじいスピードでワークを行う。
DSCF1938.JPG
 僕らが「10分で」というところを「3分で」と言う。w
DSCF1940.JPG
 まあ、ワークのスピードとはフィジカルではなく思考と判断だから、本当は時間はかからないものなのだ。
DSCF1966.JPG
 僕らはついつい思考の時間を余裕を持って与えてしまう。
DSCF1970.JPG
 もの凄い勢いでジャーニーマップからプロトタイプまで出来た。w
DSCF1974.JPG
 実は参加者は判断さえ出来てしまえば、ワークは早い。
DSCF1993.JPG
 思考は「問題を共有する」ことに費やされる。
DSCF1998.JPG
 コミュニケーション能力が発揮される場面だ。
DSCF2013.JPG
 プレゼンスタート!
DSCF2016.JPG
 ホワイトボードや壁が無いので、成果物を床に置いてプレゼン。
DSCF2030.JPG
 10チームに対して丁寧な講評。
DSCF2035.JPG
 ワークは短く、プレゼンと講評は長く。
DSCF2055.JPG
 プレゼンもじっくり最後まで聴く。w
DSCF2056.JPG
 講評が丁寧だな〜。
DSCF2062.JPG
 かなり勉強になった。
DSCF2064.JPG
 丸一日お疲れさまでした。
DSCF2070.JPG
 終了後、UX酒場の渋谷「げんてん」で懇親会。
DSCF2073.JPG
 話が盛り上がる。
DSCF2098.JPG
 お疲れさまでした。
DSCF2091.JPG
 次回は9月27日(土)10:00〜17:00 GMOインターネット(渋谷)にて、利用品質ラボ 樽本徹也さんのアドバンスド・ユーザビリティテスト。

◇登壇者坂本さんのブログ:http://www.bookslope.jp/blog/2014/09/hcdnet-usability.html

◇2014年度HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」アーカイブ。
06月26日(木):第2回タスク設計
07月10日(木):第3回パイロットテスト
07月24日(木):第4回実査
08月07日(木):第5回分析・発表・講評
09月27日(土):第7回アドバンス・ユーザービリティテスト

posted by アサノ | 06:19 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3148
トラックバック
Search this site