経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< コーヒーハウス ナカザワ(京都北山) | TOP | HIS2014 ソフトディバイスラボツアー >>
HIS2014 学生UXDワークショップ
DSC00473.JPG
 9月9日(火)、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス。
DSC00474.JPG
 今年のHIS2014の会場である。
DSC00476.JPG
 今年は発表をせずに、HCD-Netで企画した「学生UXDワークショップ」のオーガナイザーである。
DSC00478.JPG
 私が企画して、楽天の脇阪さん。
DSC00481.JPG
 岡山県立大学の尾崎先生に講師としてご参加いただいた。
 時間が3時間しか無い。。
 私が超特急で講義をして、早速ワークショップに取り掛かる。
DSC00492.JPG
 テーマは「最悪の旅」をカスタマージャーニーマップにする。
DSC00495.JPG
 学会に参加して、尚且つこういうWSに参加する学生さんは意識が高く。
 もう、全然危うげなく進んで行く。w
DSC00500.JPG
 昨年、東京で開かれたHCD-Netの連続WSに毎月北海道小樽から参加してくれていた小樽商科大の大村くんも参加してくれました。
DSC00505.JPG
 参加者は、少なく7名。
 1チームに1名講師がつくという豪華さだ。w
 タイムキーパーで学会から派遣されて来た工繊大の学生も「君、専攻はなに?」とか言ってメンバーに入れちゃった。ww
DSC00506.JPG
 学会初日だと、発表のある院生とかはいっぱいいっぱいだろうからね。
 今後も続けて行きたいので、社会人との混合WSも良いかもしれない。
DSC00514.JPG
 プレゼン開始。
 発表学生よりも、見学の大人たちの方が多い。ww
 安藤先生も登場。
DSC00515.JPG
 芝浦工大・京都工繊大・大阪芸大・関西大学の混合チーム。
DSC00520.JPG
 プレゼンもしっかりしている。
DSC00526.JPG
 大阪芸大・小樽商科大・京都工繊大のチーム。
DSC00531.JPG
 大村くんは安定のプレゼン。
 明後日のポスター発表は頑張ってね。
DSC00534.JPG
 この子、インフォーマントとして凄く面白かった。
 大学で「インターフェース研究会」という研究会活動をしているそうだ。
 女子学生は活発でいいね。
DSC00535.JPG
 学会の良い所は、普段接点の無い他校の人や社会人からコメントが貰えることだ。
 学びって「多様な視点」が大切だからね。
DSC00537.JPG
 最後に講師全員から総評を頂いて終了。
 次年度は公立はこだて未来大学での開催だそうなので、社会人・学生混合のWSを開きたいと思います。

◇HIS2014イベントアーカイブ
9月09日(火):学生UXDワークショップ
9月11日(木):HCD-Netナイト



posted by アサノ | 06:17 | 学会活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3162
トラックバック
Search this site