経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 世界遺産下鴨神社 | TOP | 極小寿司屋 さか井(京都錦) >>
BAR K6(京都市役所)
DSC00574.JPG
 9月10日(水)の夜。
 賑やかな木屋町も、御池通りを上ルと暗闇になる。
DSC00575.JPG
 最近ザ・リッ・カールトン京都が出来た辺り。
DSC00576.JPG
 昨夜、尾崎先生に連れて来て頂いた「K6」に、味を占めてまた来てみた。
 オーセンティックなBARというよりは、料理も出せばカクテルも出すアイリッシュパブといった感じのお店。
 落ち着いたたカウンターもあるらしいが、私は賑やかなカウンターにしてもらった。
IMG_5032.JPG
 結構広い店内で、バーテンさんやフロアの女性などかなりの人数が忙しく働いている。
 一杯目は昨日と同じギネスの1パイントを飲んだが、2杯目からは早速モヒートを注文。
 よくフレッシュなミントをストックしておけないので、モヒートをメニューに載せない店があるが、ここは安心。
 山ほどストックがあり、ガンガン使っていた。w
 面白かったのは、次々と女性の一人客が来て、食事をして飲んで行くこと。安心感のある良い雰囲気のお店です。
IMG_5035.JPG
 座ったカウンターがフルーツが山盛りになっていて、次々とそれを使ってカクテルを作っていたので、見ていて面白かった。
 同じフルーツを使っても違うカクテルを作っているので、どうしてなのか聞いてみた。
 「基本的にはいくつかのパターンはあるのですが、お客様の注文したものや、その時の会話から選んで調整します。」とのこと。
 これは、デザインで言うところの「引き出しと納まり」の話だ。
 プロの話は、いつ聞いても面白い。
 そこで「オレンジとカンパリとウオッカ」で作って下さいとお願いしたら、その前に頼んだモヒートが最初は「ドライだね」と言ったので2杯目にダークラムで砂糖を多めに作ったことから、カンパリの苦味が強いがオレンジの甘さを活かしてロックグラスで出してくれた。
 この店は使える店である。w

◇K6オフィシャルサイト

◇HIS2014の京都滞在アーカイブ
9月11日(木):HCD-Netナイト

◇京都のバー巡り
未訪問(行ってみたい) 

◇京都飲み歩きアーカイブ
・2014年09月:HCD-Netナイト
・2014年09月:BAR K6(京都市役所)
posted by アサノ | 06:17 | B級グルメ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3174
トラックバック
Search this site