経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2014年度 HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」#07 アドバンスユーザービリティテスト | TOP | 加藤屋 四条にぼ次郎(京都四条烏丸) >>
2014年GW インドシナ半島の旅 8日目世界の辺鄙な床屋で髪を切る(ハノイ)
DSC02103.JPG
 5月07日、朝の散歩から帰り、ホテルで一休みしてからまた出てきた。
DSC02101.JPG
 改めてベトナムコーヒーを飲む。
 外国人だと「ちゃんとコンデンスミルク入れてね。」と言わないと普通のが出てくるから気をつけよう。
DSC02105.JPG
 どこの国でも子どもはかわいい。w
DSC02142.JPG
 ハノイ大聖堂裏の安宿街。
DSC02144.JPG
 大聖堂の横の私が泊まっているプチホテル街、1本平行した安宿街、もう1本平行したバックパッカー街がある。
DSC02146.JPG
 「美味しいわよ、うふふ」
DSC02156.JPG
 そろそろ、お昼ごはん時か。
DSC02129.JPG
 食べてる食べてる。
DSC02133.JPG
 おお!みんな食べてるね。
DSC02134.JPG
 「君もどうだい。」ww
DSC02165.JPG
 そうだ、髪の毛を切らなくちゃ。忘れてた。
DSC02216.JPG
 第3のバックパッカー街「マーマイ通り」に来た。
DSC02218.JPG
 ちょっと、お洒落な路上床屋だ。w
DSC02248.JPG
 線路際の犬肉屋。
DSC02249.JPG
 この辺りは、かなりディープゾーン。w
DSC02254.JPG
 場末ですな。
DSC02253.JPG
 坊主専門か?
DSC02271.JPG
 36通りの学習塾街に来た。
DSC02272.JPG
 おお、ここでは子どもが刈られてる。w
DSC02273.JPG
 おかあさん同伴だね。
DSC02279.JPG
 特製ポニーテール用ヘルメット。w
DSC02130.JPG
 またハノイ大聖堂裏のバックパッカー街に戻って来た。
DSC02160.JPG
 今日はよく歩くな〜。
DSC02159.JPG
DSC02161.JPG
 こういう街には必ず安い床屋があるはず。w
DSC02162.JPG
 どれどれ。
DSC02155.JPG
 おっ!あった。
DSC02149.JPG
 いいじゃん。
 ここで切ろう。
DSC02150.JPG
 お願いしま〜す。
DSC02151.JPG
 英語が分からないみたいで、部屋の奥に聞きに行った。w
DSC02152.JPG
 ちゃんと屋内の店はあるようだが、気持ちが良いから外に椅子があるのか。
DSC02153.JPG
 ありがとうございました。
 60000ドン(約300円)なり。
DSC02167.JPG
 ホテルに戻ってシャワーを浴びよう。
 かなり、ちゃんと出来ているね。
 上手すぎると冒険にならないんだけどな。w

◇辺鄙な床屋アーカイブ
2010年8月:台湾で一番遠い町台東で床屋に行く
2011年5月:マカオの下町で床屋に行く
2011年8月:ホーチミン市ゴーヴァンナム通りの青空床屋
2012年8月:世界遺産ジョージタウンで床屋に行く
2013年8月:ハノイの旧市街で床屋に行こう
2014年4月:世界の辺鄙な床屋で髪を切る(ハノイ)


2014年GWインドシナ半島旅行アーカイブ
タイ編
4月30日:1日目バンコク到着
4月30日:1日目スクンビット界隈
カンボジア編
5月05日:6日目シェムリアップの朝
5月06日:7日目さらばカンボジア
ベトナム編
5月06日:7日目ハノイに到着
5月07日:8日目ハノイで朝の散歩
5月07日:8日目ハノイで打ち上げ
5月08日:9日目さらばベトナム・インドシナ半島

posted by アサノ | 06:15 | 2014年GW インドシナ半島横断 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3177
トラックバック
Search this site