経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< パブディラン(金沢新天地) | TOP | 武蔵ヶ辻で懇親会 >>
DMM.com金沢社内研修#04 構造化シナリオ法
DSC01050.JPG
 10月4日(土)の朝、おはようございます。
 金沢十間町はお天気。
DSC01064.JPG
 DMM.comラボにて「構造化シナリオ法」のワークショップ。
構造化シナリオ.jpg
 日本人間工学会アーゴデザイン部会の「エクスペリエンスビジョン・デザイン手法」からの要所抜粋である。
DSC01074.JPG
 前回のインタビューから作ってもらった簡易ペルソナを使って。
DSC01076.JPG
 バリューシナリオを書く。
DSC01077.JPG
 「上位下位関係分析」と「ペルソナ」「バリューシナリオ」が揃うと、何を見つけて何をしたいのかが分かる。
DSC01066.JPG
 今回で研修4回目であるが、かなり飲み込みは早い。
DSC01070.JPG
 バリューシナリオが出来たら、次はチームでシーンを分けてアクティビティシナリオを書く。
DSC01067.JPG
 このアクティビティシナリオが、構造化シナリオ法のヤマで。
 開発者は日常的にはユーザーの「操作」をデザインしているが、ユーザーは「活動」でものを考えていることを書くのが難しい。ww
DSC01080.JPG
 この会社の作業環境は良くて。ホワイトボードがあちらこちらに設置されている。
DSC01082.JPG
 常に立って書いて、下がって俯瞰する習慣が出来ているのがえらい。w
DSC01086.JPG
 書きあがったら全員分を壁に貼りだす。
 ポストイットは考えを構造化するのには良いツールだが、他人に伝えるのにはチープである。
 ちゃんと清書して出そう。
DSC01087.JPG
 書き出されたアクティビティシナリオ(活動)から、インタラクションシナリオ(操作)にトランスレーションする。
 本来はそれぞれのシーンを書きたいのだが、WSでは時間が無いので一番そのサービスを体現しているシーンを選んでチーム全員で書こう。
DSC01100.JPG
 まずはアクティビティシナリオで導かれたタスクを移動。
DSC01101.JPG
 皆で壁に向かってブレストする習慣が身について来た。
 環境的にも常に業務でそれが出来る設備があるのも大きいと思う。
 企業が習慣や態度は精神論だけでは上手く行かないことを知っているのだろう。
DSC01116.JPG
 タスクをホワイトボードに書き出して推敲中。
 指示しなくとも、こういうことが出来るのは優秀だ。
 但しタスクが甘いので、インタラクションシナリオで苦労するかも。ぷぷぷ
DSC01118.JPG
 タスク変更中。w
DSC01102.JPG
 本当に作業し易くていいオフィスだ。
DSC01105.JPG
 ポストイットも使い方で、議論が活性化する。
 こういう辺りも訓練されていると思う。
DSC01109.JPG
 インタラクションシナリオを書く前に、ざっとワイヤーフレームのフロー図を描くのも手だ。
DSC01115.JPG
 今年度私が手を掛けて指導している源さん、HCD認定専門家も取って、外での発表や社内勉強会も主催されているようなので、成長著しくて将来が楽しみだ。
 社内教育というものは、彼のようなエキスパートを育てたり、深く観察したり業務中にサッと集まって壁に向かってブレストしたりという、知識や技術だけでは無い「態度」を作る漢方薬なのだと思う。
 知的な体力さえつけば、技術や社会的な環境が変わろうとも、その企業は生き残って行けるのである。
 業務コンサルは「魚を与え」、教育コンサルは「魚の釣り方を教える」のである。ww
DSC01117.JPG
 壁に向かってブレスト中。
 そういう意味では、彼らは素直でとても飲み込みが良い。w

◇DMM.com 2014年度東京社内研修アーカイブ
09月08日#08:構造化シナリオ法2
10月14日#09:アクティングアウト

◇DMM.com 金沢社内研修アーカイブ
2013年09月22日:ユーザー評価
2014年10月04日:#04構造化シナリオ法
2014年11月08日:#05ペーパープロトタイピング
posted by アサノ | 06:03 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site