経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 金沢から上野へ | TOP | ペーパーフィルターを変えた >>
DMM.com 社内研修#11 ストーリーボーディング
 11月11日(火)、恵比寿ガーデンプレィス。
 恒例のクリスマスツリーが点灯。
DSC04479.JPG
 今回で11回目となる社内研修は「ストーリーボーディング」。
DSC04478.JPG
 前回のアクティングアウトで撮った写真を使ってストーリーボードを作成する。
 写真を使った場合はフォトボードとも言うことがあるようだ。
 本日の完成イメージ(11月08日金沢DMM.comラボ
DSC04486.JPG
 アクティングアウトの時に描いた大きなワイヤーフレームを並べるチーム。
 こちらは構造設計に使ったものなので、粒度が荒すぎてそのままでは使えないと思う。
DSC04484.JPG
 ざっと回って見てみたが、基本的にはアクティビティシナリオのタスクとシナリオを使ってストーリーボードを書くのだが。
 操作に同期すると、もう少し作業ステップが細かくなると思う。
 例えば、上の写真にあるように「ツアー内容に間違えがないか確認し、英語初心者の為にやさしく教えてくれそうなガイドを選んだ」とあるが。
 これでは1つの作業ステップにはならない。
 まず被験者が、この文章を読んで操作出来ないか或いは個人毎に違う操作をする可能性があるからだ。
 多分、作業ステップはこうなるはず。
 1)ツアー内容に間違いが無いか確認する。(確認画面を見る・戻る)
 2)ガイドを選ぶために、プロフィール一覧を見る。(プロフィール一覧を見る)
 3)良さそうな人を任意の数だけ選ぶ。(チェックボックスにチェックを入れる)
 4)頼みたい日時のスケジュールが空いているか確認する。(依頼期間を入力して確認)
 5)2名のガイドが該当したので、顔が優しそうな人にすることにした。(選択して、依頼ボタンを押す)
 6)すぐOKの返事が来たので、ホッとした。(予約受付のフィードバックがある)

 それをアクティビティシナリオ仕立てにすると。
 
 予約したツアー内容に間違いが無いか、心配だから確認しておこう。

 私たち夫婦は英語があまり得意ではないし、白人の男の人は威圧感あるから、出来るだけ女性で優しそうな人がいいな。
 そうか、ガイドさんのプロフィールから選べるんだな。
 この人と、この人、この人もいいかな。

 私たちの旅行期間と合えばいいんだけどなあ。
 結局、私たちと都合があったのがこの二人か。
 Bさんはベテランだし顔も優しそうなので、こちらにしよう。Aさんは若くて美人だが、妻が嫌がりそうだし。w

 依頼を送ったら、早速返事が来た。こういう迅速な対応はいいな。

 かなり粒度が違うはず。
 このくらいまで構造化しよう。
DSC04482.JPG
 こちらも、ストーリーボードの粒度が荒いのに、いつの間にかワイヤーフレームに凝りすぎている典型。
 このストーリーボードを読んだ被験者が、ちゃんとワイヤーフレームを操作出来るだろうか?
DSC04495.JPG
 出来たらすぐ壁に貼りだしてブレストするのは良い。
 いつの間にか、今まで積み重ねてきたユーザーの本質的な欲求を忘れて「これって面白くね?」みたいなことになっていないか。w
 その為には、参照し易いようにペルソナやバリューシナリオを横に貼った方が良い。
DSC04502.JPG
 机の上にあるなら、立ってブレストするのも悪くない。
 皆さん、今夜はストーリーボードで突っかかって、ワイヤーフレームまで進まなかったけど。
 アクティングアウトで分かったことを踏まえて、ストーリーボードを修正するのは悪い事では無い。
DSC04503.JPG
 エンジンがかかるのが遅くて、深夜になると調子が出て来るのはなぜなの。ww
 次回は、これを使ってウォークスルー評価を行います。

◇DMM.com 2014年度東京社内研修アーカイブ
11月25日#12:ウォークスルー評価
12月09日#13:発表会

◇DMM.com 金沢社内研修アーカイブ
2013年09月22日:ユーザー評価
2014年10月04日:#04構造化シナリオ法
2014年12月06日:#06ユーザー評価
posted by アサノ | 06:12 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3236
トラックバック
Search this site