経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2014年夏 フィリピン親子旅行 第2日 お友だちが出来たよ | TOP | Design dot Yahoo! JAPAN__UXの構想と実現 >>
DMM.com 社内研修#12 ウォークスルー評価
IMG_0527.JPG
 11月25日(火)、恵比寿ガーデンプレイス。
DSC02499.JPG
 本日はずっと取り組んできたサービス開発の最終回。
DSC02497.JPG
 ストーリーボードとワイヤーフレームを使ったウォークスルー評価。
02.jpg
 私の研究テーマでもある「ストーリーボーディング」である。
DSC02501.JPG
 アクティビティシナリオを元に書いたストーリーボードとインタラクションシナリオを元に描いたワイヤーフレームを時系列に並べる。
DSC02506.JPG
 シナリオを書いた時よりも、更に作業ステップの粒度が細かくなっている。
03.jpg
 こんな感じだ。
DSC02517.JPG
 リクルートしてきた被験者に、上段のストーリーボードを読んで、下段のワイヤーフレームを思考発話しながら操作してもらう。
DSC02519.JPG
 見つかった問題をその場でブレスト。
DSC02520.JPG
 イラストが描けないエンジニアは、前回やったアクティングアウトの写真を使うと良い。
 その為には、こんなに引かないでアップで撮ろう。w
DSC02523.JPG
 ちょっと気になったのは、シナリオなのに物語になっていないで、ただの作業手順になっていること。
 もう少し、ユーザーの利用状況を物語として書いて欲しいな。
 じゃないと、被験者の答えになっちゃいそうだ。w

 次回12月09日(火)は、上司の方々にプロジェクト発表会である。緊張するな〜。

◇DMM.com 2014年度東京社内研修アーカイブ
11月25日#12:ウォークスルー評価
12月09日#13:プロジェクト発表会

◇DMM.com 金沢社内研修アーカイブ
2013年09月22日:ユーザー評価
2014年10月04日:#04構造化シナリオ法
2014年12月06日:#06ユーザー評価
posted by アサノ | 06:08 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3248
トラックバック
Search this site