経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 広島人のソウルフードむすびのむさし | TOP | 夜の倉敷美観地区 >>
鞆の浦
DSCF2811.JPG
 12月15日(月)、広島から2時間ぐらいのドライブで「鞆の浦」に来た。
DSCF2595.JPG
 「いろは丸」発見!
DSCF2602.JPG
 仙酔島ですね。
 のんびりとした、良い景色。
DSCF2607.JPG
 渡し賃は240円。
DSCF2603.JPG
 「ウルヴァリン:SAMURAI」に出てくるんだ?
DSCF2614.JPG
 街を歩いていると、至る場所に史跡めぐり地図が設置されている。
DSCF2610.JPG
 鮮度の低いお寿司屋さん。。
DSCF2617.JPG
 街中にネコが多い。
 港町だからか。
DSCF2621.JPG
 漁港。
 意外と潮臭くない。
 瀬戸内海は、どこもそんなに臭わないよね。プランクトンが少ないのか?
DSCF2620.JPG
 フエリーといっても小舟。w
DSCF2624.JPG
 いい感じ。
DSCF2625.JPG
 レトロな商店。
DSCF2628.JPG
 鞆の浦は、江戸時代の「潮待ち」の港なので海が穏やか。
DSCF2637.JPG
 海辺に神社と美容室。
DSCF2638.JPG
 蔵ですかね?
DSCF2642.JPG
 路地と老人。
DSCF2645.JPG
 あれれ、古い商家が並ぶ路地に出た。
 ◇鞆の浦の観光情報サイト「鞆の浦ナビ
DSCF2646.JPG
 ちょっと、この街面白いかも。
DSCF2648.JPG
 歴史保存地区とかじゃなくて、今も普通に使っている感じが良いね。
DSCF2649.JPG
 素敵なお店もあった。
DSCF2655.JPG
 平日だからなのか、観光地観光地していないのが良い。
DSCF2656.JPG
 ポニョ発見!
 鞆の浦はポニョにも出てくるんだ?
DSCF2657.JPG
 宮崎駿という人は、本当にいろいろな場所を知っていると思う。
DSCF2658.JPG
 どこまで続くのか?
DSCF2661.JPG
 湾曲した路地はいいな〜。
DSCF2662.JPG
 地図を見ないで迷いたい。w
DSCF2666.JPG
 おお、曲がり具合が美しい。
 湾曲の先には海が見えた。
DSCF2669.JPG
 土蔵が多いということは、瀬戸内海貿易の拠点だったのか?
DSCF2671.JPG
 路地から路地を伝って歩いていると、イタリアのサンジミニャーノを思い出す。
DSCF2672.JPG
 あそこも、商人たちが建てた蔵と路地の街だった。
DSCF2673.JPG
 オープンな感じの商店がありました。
DSCF2674.JPG
 シーカヤック乗れるんだ。
 仙酔島の方に行けるんだね。
 夏に来て乗ってみたい。
DSCF2676.JPG
 酒問屋だね。
DSCF2677.JPG
 鞆の浦の説明も渋い。
DSCF2679.JPG
 坂本竜馬発見!
DSCF2680.JPG
 「いろは丸展示館」だそうです。
DSCF2684.JPG
 鞆の浦のシンボル的な「常夜燈」。
DSCF2690.JPG
 まだ街のスケールがつかみ切れていません。w
DSCF2698.JPG
 鞆の浦には「保命酒」という看板が多いが。
 ここが蔵元なの?
DSCF2694.JPG
 地元のじいちゃんと会話。
DSCF2704.JPG
 蔵元に来てみた。
DSCF2707.JPG
 おお!なんだか中国っぽい。w
DSCF2715.JPG
 尾崎先生、1瓶お買い上げ。w
DSCF2719.JPG
 レトロなカフェがあった。
DSCF2722.JPG
 このヨーロッパっぽい建物はなに?
DSCF2724.JPG
 普通の家の窓にも日よけテントがついている。
DSCF2725.JPG
 旅館か?
DSCF2730.JPG
 途中のお肉屋さんでコロッケ購入。
 食べながら歩く。w
DSCF2733.JPG
 井戸があった。
 手押しポンプ。
DSCF2734.JPG
 薬屋さんか?
DSCF2735.JPG
 三叉路は好きです。
DSCF2736.JPG
 福山市立鞆小学校。
DSCF2742.JPG
 小さな「ささやき橋」。
DSCF2748.JPG
 山側に大きな神社が。
 「沼名前神社」通称:祇園さん
DSCF2757.JPG
 参道を歩いて。
DSCF2760.JPG
 いやはや、神社やお寺の多い街だ。
DSCF2765.JPG
 石畳の通りが。。
DSCF2767.JPG
 喉が渇いたので、何か飲もうか。
DSCF2770.JPG
 「せんせ〜、ちょっと新鮮じゃありませんよ〜。」
DSCF2773.JPG
 レトロな商店街。
DSCF2775.JPG
 営業しているのだろうか?
DSCF2778.JPG
 路地と老人とネコがいれば、ポルトガルの港町のような写真が撮れそう。
DSCF2779.JPG
 ここは、病院なのか、トイレなのかカフェなのか??
DSCF2806.JPG
 やっと海辺に戻って来ました。
DSCF2801.JPG
 いや〜、のんびりした。
 時間の流れが緩やかで、とっても気持ちの良いショートトリップでした。

◇2014年12月の山陽道アーカイブ
12月14日(日):廣島つけ麺本舗 ばくだん屋(広島新天地)
12月15日(月):鞆の浦
12月15日(月):夜の倉敷美観地区
12月15日(月):怪しい路地好き(倉敷駅前)
posted by アサノ | 06:18 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site