経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 暮れの京都1 | TOP | 学生時代以来の鹿児島 >>
暮れの京都2
DSC04666.JPG
 12月22日(月)、京都の錦市場に来た。
DSC04674.JPG
 この市場は好きなんだよな〜。
DSC04677.JPG
 100%観光向けではなく、本当に京都の台所であるところが好きだ。
IMG_1132.JPG
 久しぶりに「一澤信三郎帆布」に来た。
DSC04705.JPG
 ここのトートバックは、大学生の頃からのご愛用。
 炎天下の夏に、住所を頼りにジイチャンバアチャンが工業用ミシンでテントとか作っていた、この工場に買いに来た思い出がある。
IMG_1146.JPG
 今回は、今まで持っていなかった色(オリーブ)の小さめのトートを買った。
DSC04708.JPG
 近くにある「阿闍梨橋」、千日回峰の阿闍梨が渡るので有名。
DSC04716.JPG
 京都の中で、好きな場所の一つ。
DSC04719.JPG
 近くの「古川町商店街」。
DSC04723.JPG
 以前は「東の錦」と呼ばれるほど栄えたらしいが。
 今は完全な生活市場になっていて、それはそれで観光客も来ないしいいところです。
DSC04727.JPG
 老人が多く。
 この1枚の写真に写っている5名全員老人だ。w
DSC04730.JPG
 京阪で出町柳まで来て、レンタサイクルを借りる。
DSC04733.JPG
 左京区は交通機関が不便なので、自転車が一番便利。
DSC04741.JPG
 元田中の「華祥」で早めのランチ。
IMG_1133.JPG
 「鶏ネギ中華そば+唐揚げ+チャーハン」
IMG_1135.JPG
 ちょっと食い過ぎ。
IMG_1134.JPG
 人気の「あんかけ焼きそばセット」。
 来るお客さんは、ほぼこれか「麻婆丼セット」だ。
DSC04757.JPG
 続いて、一乗寺の「恵文社」に来た。
 私の京都散策の定番コースだ。
DSC04755.JPG
 いつ来ても素敵なお店だ。
DSC04744.JPG
 ここに来るたびに、老後はブックカフェでも開いて、月に1回ここに本を仕入れに来れるようになったらいいなと思う。
DSC04746.JPG
 お店の裏にパティオが出来ていた。
DSC04759.JPG
 また来ます。
DSC04764.JPG
 次は茶山の「prinz」でお茶。
IMG_1140.JPG
 京都造形大の近くなので、それっぽい女の子とかいる。w
DSC04773.JPG
 最近だいぶ建物がやれて来たが、この奥の部屋は落ち着いて好きだ。
DSC04782.JPG
 出町柳に戻って自転車を返し、鴨川を渡る。
DSC04786.JPG
 下鴨神社に来てみた。
DSC04788.JPG
 冬枯れた景色に朱の色が美しい。
DSC04792.JPG
 パリのブローニュの森のようだ。w
DSC04796.JPG
 世界遺産の「糺の森」を歩いて行くと賀茂御祖神社(通称は下鴨神社)がある。
 祭殿は質素で、まるで森全体が原始信仰のご神体のようだ。
DSC04801.JPG
 来年は羊年か。
DSC04803.JPG
 絵馬は、やはり受験関係と、なぜかモモクロネタが多い。w
DSC04847.JPG
 再び錦市場に戻って来た。
 師走の市場っていいよね。
DSC04832.JPG
 京野菜。
DSC04844.JPG
 煮物屋さんか?
 こういう生活用品を売っているのがいいね。
DSC04852.JPG
 海外のお客さんも多い。
DSC04860.JPG
 私も買い食い。w
DSC04869.JPG
 いつも満員だね。
DSC04872.JPG
 かきと日本酒か。
 シャブリとか置いてあったら、入っても良いか。w
IMG_1141.JPG
 東洞院の進々堂で休憩。
 一旦、ホテルに戻って休憩。
IMG_0990.JPG
 夜になって御池の「露地もん」へ。
IMG_0986.JPG
 古い町屋を改造したお店。
IMG_0989.JPG
 今回は1階のカウンターで。
IMG_0975.JPG
 突出しは、自分で炙る。
IMG_1150.JPG
 たまに来るのだが、手の込んだ料理と言うものでは無い。w
IMG_0984.JPG
 京都のお店には、必ずお庭がある。w
IMG_0981.JPG
 こういう食べ物が好き。金のかからない男だ。
IMG_1003.JPG
 おそばが食べたくて二条通りの「周知」に来たが、満員で入れず。
IMG_1004.JPG
 うろうろと散歩して。
IMG_1155.JPG
 結局「にぼ次郎」で味噌ラーメン食べてしめ。
 総歩行数23000歩。歩いて食った。w

◇京都飲み歩きアーカイブ
・2014年12月:暮れの京都2
・2014年12月:暮れの京都1
・2014年09月:HCD-Netナイト
・2014年09月:BAR K6(京都市役所)

◇市場好きアーカイブ
14年師走の京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3286
14年神戸元町高架下商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3210
14年セブ島カルボン・マーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3301
14年神戸三宮市場・西館飲食街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3136
14年金沢近江町市場朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3132
14年シェムリアップ・オールドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3049
14年バンコク・ヤワラー:http://asanoken.jugem.jp/?eid=3023
14年神戸二宮市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2985
14年下高井戸駅前市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2915
14年世田谷ボロ市 2014年:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2901
14年吉祥寺ハーモニカ横丁:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2890
13年北九州小倉旦過市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2873
13年京都八百一本館:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2778
13年ホイアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2780
13年ハノイ・ドンスアン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2763
12年ペナン島チャイナタウン:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2391
12年バンコク・ウィークエンドマーケット:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2375
12年大阪天神橋筋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2320
12年大阪京橋商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2318
12年金沢近江町市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2259
12年錦小路でお惣菜に腹が鳴る:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2248
12年錦小路市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2167
12年横浜中央卸売市場関連棟:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2164
12年京都の朝古川商店街と祇園:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2161
11年秋葉原電気街とアメ横:http://asanoken.jugem.jp/?eid=2020
11年チョロン地区の青空市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1990
11年チョロン地区ビンタイ市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1989
11年ホーチミン市ベンタイン市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1985
11年ハノイ旧市街36通り:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1983
11年澳門紅街市から三盞燈:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1879
11年香港九龍旺角街市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1870
11年名古屋柳橋中央市場食堂めぐり:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1854
11年京都一澤帆布と古川商店街:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1775
11年京都錦市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1774
10年函館朝市:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1662
10年名古屋柳橋中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1647
10年台東市中央市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1593
09年ソウル南大門市場:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1269
08年沖縄那覇:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1180
07年台湾高雄:http://asanoken.jugem.jp/?eid=1179
posted by アサノ | 06:16 | 市場好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3286
トラックバック
Search this site