経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 学生時代以来の鹿児島 | TOP | 2015年02月のイベント(アサノの記録) >>
九州縦断汽車の旅1
IMG_1262.JPG
 12月25日(木)の朝。
 これより鉄道マニア垂涎のコースをたどって、鹿児島より博多まで九州縦断の旅に出ます。
 まず、その一歩は鹿児島中央駅から、フェリーに乗る為に鴨池港に向かう。
 鹿児島市交通局:鹿児島中央駅から鴨池港
IMG_1267.JPG
 鴨池港で垂水行のフェリーに乗船。
 いわさきコーポレーション:鴨池から垂水
01.jpg
 本日の行程は。
 1)鹿児島中央駅からバスで鴨池港
 2)鴨池港からフェリーで鹿児島湾を渡って垂水
 3)垂水からバスで大隅半島を横断して志布志へ
 4)志布志から日南線のドン行で南郷へ
 5)南郷から「海幸山幸」に乗って宮崎へ
 宮崎に着くのは17時半ぐらいの予定だが。
 それぞれの交通機関の本数が少なく、乗り継ぎが命となる。w
DSC02970.JPG
 ここまでは順調で、桜島を見ながら鹿児島湾を渡る。
DSC02978.JPG
 約30分で垂水に着岸。
DSC02985.JPG
 ああ!バスが無い。。
 45分ぐらいの待ち時間だ。w
DSC02986.JPG
 フェリー乗り場のベンチで、しばし海を見る。
 たまにはいいね。
DSC02996.JPG
 志布志行きのバスに乗り、約2時間のドライブへ出発!
 左側に海があり、台湾の東海岸、台東から花蓮までの花東公路(海線)を彷彿とさせる。
DSC02997.JPG
 バスの旅は、汽車よりも地元の空気が吸えるのが楽しい。
DSC02999.JPG
 子どもの行列発見!
 バスの中では、地元のばあさんが女子高校生になにやら注意をしているのだが、訛りがひどくてまったく言っていることが分からない。w
DSC03002.JPG
 おお!田舎のバスは160円均一じゃないのね。w
DSC03004.JPG
 志布志駅に到着。
 約45分間のランチタイムがある。
DSC03010.JPG
 午前中でかなり来たね。
 本当は鹿屋で鹿屋航空基地史料館に行ってみたかった。
 鹿屋航空基地は、戦時中は海軍航空隊の特攻基地であり、現在は対潜哨戒機の部隊がいる。
 旧軍の2式大艇や、現代の名飛行艇US-2がいるはず。
DSC03019.JPG
 ちなみに、陸軍の特攻基地は対岸の薩摩半島にある知覧である。
 そちらには知覧特攻平和会館がある。
 時間の許す時に、一度知覧の武家屋敷と共に訪ねてみたい。
DSC03021.JPG
 「志」の多段活用で有名な志布志市志布志町志布志にある志布志市役所志布志支所を見学。
 わざわざこの写真を撮るために、汽車の出発まで45分しか時間が無いのに坂を登って来た。w
IMG_1276.JPG
 「志」があふれております。w
DSC03032.JPG
 こういうの好きだ〜。
DSC03023.JPG
 急いでお昼ごはんを食べよう。
DSC03024.JPG
 役所の近くにあった「丼や和華」。
 「時間が無いので急いでね。」と言ったら。
 おばちゃんが「駅まで車で送ってやるよ〜。」だと。ありがとうございます。w
DSC03028.JPG
 「黒豚バルク丼」。
 バルクって簡易包装のことでしょ。AmazonでSDカードとか買うと、バルク品って封筒で来る。
 要するに、コンテナや袋詰めにせずに、船の船倉に直接積んできた穀物で育てた豚ってことね。
DSC03033.JPG
 田舎ほどスナックが多い。w
DSC03036.JPG
 急いで駅に戻ってきた。
DSC03037.JPG
 もう汽車が来ていた。
 なんと1両編成だ。w
 日南線:志布志から南郷
IMG_1283.JPG
 娘たちと一緒。w
DSC03052.JPG
 話しかけたくなるぐらい、のんびりしてる。
 右側の運転手さんはあぐらかいてる。w
DSC03045.JPG
 窓ガラスが汚れているので、写真が難しい。w
IMG_1285.JPG
 途中から山に入る。
DSC03055.JPG
 予定通り、南郷の駅に到着。
DSC03058.JPG
 駅長さんか駅員さんは、女性が一人。
DSC03059.JPG
 1時間に1本ぐらいしか来ない。
DSC03062.JPG
 日本の果てまで来ちゃった感満載。
 鹿児島人が田舎だと言う辺りだ。w
DSC03065.JPG
 国道をロードレースのトレーニングが何組も走っていった。
 気持ちよさそうだ。
DSC03069.JPG
 30分ぐらいで次に乗る汽車が来た。
DSC03068.JPG
 日南線が誇る「海幸山幸号」だ。
 まだ発車までは時間があるが、乗って見学OKとのこと。
DSC03071.JPG
 おお!かっこいいぞ。
DSC03072.JPG
 JR九州の車両はユニークだよね。
DSC03073.JPG
 車内の調度は、この路線にある飫肥の杉が使われているそうだ。
DSC03074.JPG
 杉の匂いがいいね。
DSC03077.JPG
 2両編成で、トイレは大きいのが1つ。
DSC03078.JPG
 乗客は鉄男のオジサンと、撮り鉄の青年と私の3名のみ。w
DSC03079.JPG
 客室乗務員が乗ってます。
DSC03084.JPG
 しゅっぱ〜つ!
DSC03090.JPG
 マニアは先頭に陣取る。w
DSC03096.JPG
 この列車いいわ〜。
DSC03098.JPG
 景色最高!
DSC03100.JPG
 いいのかな、乗客3人で。w
DSC03107.JPG
 日南駅に到着。
 私の親戚のお寺があり、学生時代の無銭旅行でここまでたどり着いた。w
DSC03108.JPG
 日南駅でお年寄りの団体がどどどっと乗って来た。
 あっという間に満員。
 だが、景色が良いのはここまでだ。ww
IMG_1336.JPG
 飫肥駅で約10分の停車。
DSC03117.JPG
 地元の特産品とか売ってる。
DSC03120.JPG
 その後、内陸部に入って行く。
DSC03123.JPG
 すげ〜、田舎だ。
 この地図によると、ピンクの部分が「薩摩藩」なので、もう既に「飫肥藩」の領地に入っているのだ。
DSC03125.JPG
 穏やかな景色だ。
DSC03136.JPG
 まっすぐな線路。北海道みたい。
DSC03141.JPG
 突然、何かが始まった。
DSC03142.JPG
 客室乗務員さんの紙芝居。
 サービス過多じゃないか。w
 老人たちは大喜び。
DSC03150.JPG
 また海辺に出てきた。
DSC03165.JPG
 青島の「鬼の洗濯板」だ。
DSC03170.JPG
 ちょうど潮が引いた時だったようだ。ラッキー!
DSC03173.JPG
 突然、客室乗務員さんからクリスマスのプレゼント。w
IMG_1346.JPG
 昨夜のイヴは軍国酒場で過ごしてしまった私には、神からの贈り物てか口直しであった。w
IMG_1348.JPG
 日が暮れる直前に宮崎駅に滑り込む。
IMG_1349.JPG
 宮崎駅到着。
 楽しかったな〜。

◇2014年12月九州縦断鉄道の旅アーカイブ
12月24日(水):学生時代以来の鹿児島
12月25日(木):九州縦断汽車の旅1(鹿児島から宮崎)
12月25日(木):UX宮崎が始まった
12月26日(金):九州縦断汽車の旅2(宮崎から博多)
12月26日(金):福岡警固で打ち上げ
posted by アサノ | 06:18 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3288
トラックバック
Search this site