経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< UX 福岡#05 サービスデザイン設計(ペルソナ/シナリオ法) | TOP | 2014年度 HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論」#07 フォローアップ講習 >>
今月の福岡めし 2014年12月
IMG_1515.JPG
 12月26日(金)は、九州縦断汽車の旅の打ち上げで警固で飲んだ。
DSC03331.JPG
 行きつけの極小ダイニングバーでへべれけになる。
IMG_1509.JPG
 この店に来るようになって、やっと福岡でも居場所が出来た感じだ。
 本当に居心地がいいよ。
IMG_1516.JPG
 そして、いつもの〆はホテルの裏にある立ち飲み「赤たん」。
IMG_1519.JPG
 初めて大名にイトジュン氏と足を踏み入れた時に飲んだ記念すべきお店。
 それ以来、毎夜最後はここで沈没する。w
IMG_1525.JPG
 12月27日(土)の早やお昼は、赤坂の路地裏にある「麺工房なか」。
DSC03372.JPG
 福岡ではマイベスト3に入るお店。
 他の福岡うどんとは違って、細めの麺に美味しい出汁がからむ「ぶっかけ」が最高!
02.jpg
 1時間後に博多駅近くの「うどん平」で行列。w
IMG_1528.JPG
 いつもは時間をずらして来るので空いているが。
 今日は休日で観光客も多いようだ。
 おじさん麺打ちでフル回転。w
IMG_1526.JPG
 福岡ではここが1番美味しいと思う。
 今回は丸天ごぼう。柔かい麺とカリッとしたごぼう天がマリア―ジュ。w
 夜は博多駅筑紫口近くの激安海鮮居酒屋「しらすくじら」で懇親会。
01.jpg
 折角福岡に来ているのに、名古屋のテシがくっついて離れない。w
IMG_1539.JPG
 2次会は薬院のうどん居酒屋「二○加屋長介」。
IMG_1540.JPG
 沖縄から来た白鳥さんは、うどん居酒屋という存在にビックリ!
IMG_1541.JPG
 これは美味しい「ごまサバ」。
IMG_1542.JPG
 「ハムかつ」
IMG_1543.JPG
 これが初めて「蒲鉾バター」。w
IMG_1545.JPG
 〆はやはりうどん「あつかけ」。
IMG_1548.JPG
 酔っぱらって薬院大通りをフラフラ歩く。
 真冬でも寒さを感じず楽しいんだよね〜。
IMG_1549.JPG
 村上さんが教えてくれた「釜喜利うどん」や「二○加屋長介」「うどん大学」のお師匠さまのお店。 
 最近開店(2014年10月)したばかりだという「唄う稲穂」。
IMG_1550.JPG
 ワインも売りらしいので、今度はここに来よう。
IMG_1555.JPG
 最後に入ったのは薬院の「ピカピカワイン食堂」。
IMG_1557.JPG
 今度はワインをガボガボ。w
IMG_1559.JPG
 福岡は、可愛い女の子が多い(後ろ両側)。ww
 深夜2時半ぐらいになって、村上さん(女性)はこの店に入った後の事は覚えていなかったそうです。
 解散!
IMG_1588.JPG
 12月28日(日)、九州旅行最後の朝。
IMG_1562.JPG
 福岡空港滑走路脇の「牧のうどん」にやって来ました。
IMG_1565.JPG
 年内最後の「うどん」である。w
IMG_1568.JPG
 食べ物写真の名人であらせられるテシ先生は、あそこまで肉薄されている。
10882118_817669928290668_4677163996835713494_n.jpg
 参考作品:勅使 純雄
IMG_1573.JPG
 私の作品。イマイチである。。
IMG_1576.JPG
 最も博多うどんらしい、グニュグニュの麺。
IMG_1579.JPG
 麺がお汁を吸って伸びてしまうので、更にヤカンで汁を足す。
IMG_1582.JPG
 しかし、あえて柔麺で注文するのが通である。w
IMG_1584.JPG
 もう工場。ww
IMG_1596.JPG
 ああ、食った食った。
 それにしても、俺は高いもの食ってないな〜。w
IMG_1600.JPG
 今回も楽しかったな〜。ww

◇2014年12月九州縦断鉄道の旅アーカイブ
12月24日(水):学生時代以来の鹿児島
12月25日(木):九州縦断汽車の旅1(鹿児島から宮崎)
12月25日(木):UX宮崎が始まった
12月26日(金):九州縦断汽車の旅2(宮崎から博多)
12月26日(金):福岡警固で打ち上げ

◇福岡めしアーカイブ
2008年10月:屋台めぐり
2012年09月:福岡大名
2014年10月:赤坂うどん大学
2014年11月:福岡うどん巡り
2014年12月:今月の福岡めし
posted by アサノ | 06:18 | 今月の地方めし | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3292
トラックバック
Search this site