経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 初来客とイタリアンバール | TOP | 魁力屋(京都四条烏丸) >>
2014年度 産業技術大学院大学「人間中心デザイン」履修証明プログラム ペルソナ/シナリオ法
 1月17日(土)、産技大人間中心デザインの後編。
 11月は方法論編で、今回は応用演習編である。
 4回に分けて、UXデザイン総合演習という一つのサービスをリサーチから評価まで体験して貰う予定だ。
 ちょっと忙しいかも。w
DSC03429.JPG
 今日は終日4コマあるので、午前中はじっくりインタビューのトレーニングを行う。
DSC03433.JPG
 インタビューから得られた発見を元に、洞察をカードに書き出して行く。
 ここで発見も洞察も無い現象を書かないことが、まずはトレーニング。
DSC03435.JPG 
 初日なので、講義も相当ちゃんとやった。
DSC03438.JPG
 11月の方法論編の時よりは、少しずつではあるが成長を感じる。
 3ヶ月の間に、先生方にいろいろしごかれて来たのだろう。w
DSC03439.JPG
 まずは、カードの書き方が格段に良くなっている。
 上平先生のお蔭だね。w
DSC03440.JPG
 壁に向かってブレストする姿も板について来た。
DSC03448.JPG
 インタビューの是非は、上位下位関係分析をしてみれば分かる。
 上手くラダーアップしないのは、インタビューの「問い」が足りないからである。
 「ねぜなぜ5回」を繰り返せば、必ず発見と洞察が得られるはず。
 その為に、ワークショップではインタビューイを外からリクルートして来ずにチーム内に「リードユーザー」を作って行うのである。
 それなら、何時でも「これって、もう少し教えてください。」と訊けるからね。w
DSC03451.JPG
 今日はここまで。
 6時間かけて、ここまでじっくりやれると上位下位関係分析法の勘所は分かると思う。
DSC03452.JPG
 後は「最上位ニーズ」にキレが無いか気にしながら、繰り返すことだ。w
DSC03457.JPG
 次回は、ここまでで出来た「ペルソナ」と「ユーザーの本質的欲求」を元に「構造化シナリオ」を作ります。
 終了後は受講生に誘われて青物横丁「いさりび」から大井町「まりも」のゴールデンコースで、終電→タクシー帰還となりました。w

2014年度UXデザイン方法論アーカイブ
10月31日(金):エクスペリエンスビジョン・デザイン手法
11月01日(土):構造化シナリオ法
◇2014年度UXデザイン総合演習
01月17日(土):ペルソナ/シナリオ法

◇2012年度コンセプトデザイン方法論アーカイブ
01月12日(土):構造化シナリオ法
01月26日(土):ストーリーボーディング

◇2011年度コンセプトデザイン方法論アーカイブ
11月05日(土):バリューシナリオ・アクティビティシナリオ
11月11日(金):インタラクションシナリオ
11月18日(金):アクティングアウト
11月19日(土):ストーリーボーディング

◇2010年度コンセプト・リファイン方法論 アーカイブ
11月26日(金):ペーパープロトタイプ
12月03日(金):アクティングアウト
12月10日(金):ストーリーボーディング

◇2009年度
posted by アサノ | 06:33 | 大学・大学院 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site