経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 深夜の先斗町 | TOP | 喫茶チロルと喫茶マドラグ(京都二条城) >>
真冬の嵯峨野・嵐山
IMG_0578.JPG
 1月19日(月)、昼間はオフだったので。
IMG_0579.JPG
 突如思い立って嵐山に来てみた。
 JRですぐなんですね。
IMG_0582.JPG
 まったくノープランなので、駅から歩いて行く女の子達について行く。
IMG_0585.JPG
 なんだか竹下通りみたいな所から、こちらに入るらしい。
IMG_0587.JPG
 ここが有名な「竹林の小径」なのか。
IMG_0591.JPG
 シーズンオフなのか人が少ない。
IMG_0594.JPG
 いるのは外国人のみ。w
 日本人は女の子一人とか。
IMG_0598.JPG
 竹林。。
IMG_0601.JPG
 どこまで行けば良いのだろう。
IMG_0607.JPG
 まったく日本とは思えない。ww
 TVでやっていたが、円安で外国人の来訪が増えていて。
 特に関西は、短期間で古都京都や奈良を見学して、大阪でUSJで遊んでショッピングと食事が出来るので人気とか。
IMG_0675.JPG
 天龍寺に来たよ。
IMG_0610.JPG
 ここも中国の人だらけ。w
IMG_0612.JPG
 私はどうも名所旧跡や景色よりも人を見る方が楽しいらしい。w
IMG_0614.JPG
 苔むした庭。
IMG_0616.JPG
 おお!ここにも。w
IMG_0619.JPG
 今回はCanon Kiss X7の24mm単焦点1本撮りである。
IMG_0632.JPG
 庭って、庭に立って見るより部屋の中から見た方が美しいのに感動。
 「借景」の妙だな。
IMG_0636.JPG
 達磨大師
IMG_0638.JPG
 渡り廊下って造形の妙だよね。
IMG_0645.JPG
 美しいな〜。
IMG_0653.JPG
 刻々と移り変わる景色。
IMG_0657.JPG
 こらこら、床の間に座っちゃいかん。ww
IMG_0654.JPG
 真冬とは思えないくらいの汗ばむ陽気。
IMG_0666.JPG
 最近、京都や金沢で思うが。
 日本の着物って、侘び寂びの景色に挿し色として、環境と同化して美しいのだと思う。
IMG_0676.JPG
 現在位置から上が嵯峨野、下が嵐山って感じでしょうか。
IMG_0677.JPG
 嵐山で有名な「渡月橋」にやって来ました。
IMG_0682.JPG
 紅葉の時は凄い人出だとか。
IMG_0684.JPG
 今年は台風で増水して大変だったらしい。
IMG_0692.JPG
 この辺りで桂川を観ながらそばという手もあったが。
 なにしろ一人なので、それも寂しい。
IMG_0694.JPG
 上流に向かって歩き出す。
IMG_0700.JPG
 両側から山が迫り渓谷の趣になって来た。
IMG_0702.JPG
 この辺りから、川を離れる。
IMG_0705.JPG
 一人なので、野生の猿の襲撃は怖い。w
IMG_0710.JPG
 ひとっこ一人いなくなってしまった。。
IMG_0711.JPG
 また竹林が見えてくると。
IMG_0712.JPG
 やっと人に出会えたと思ったら、またも外人。ww
IMG_0715.JPG
 トロッコ列車の駅に着いた。
IMG_0716.JPG
 この地図は南北が逆ね。
 京福電鉄嵐山線(通称:嵐電)で帰れば良かったかな?
IMG_0717.JPG
 トロッコ列車は1月2月は運休中。
 寒いからね。w
IMG_0720.JPG
 嵯峨野の住宅街を歩く。
IMG_0722.JPG
 いい感じの道が続く。
 こんな場所、ここにしか無いよね。
IMG_0723.JPG
 ああ、冬枯れの嵯峨野って感じだ。
IMG_0726.JPG
 「落柿舎」に向かう。
IMG_0727.JPG
 侘び寂びの極み。
IMG_0729.JPG
 この辺りには「祇王寺」など、小さなお寺や庵が点在する
IMG_0730.JPG
 次は、この辺りと化野念仏寺に来てみよう。
IMG_0731.JPG
 もうエネルギーが尽きて来て、もう歩けん。w
IMG_0732.JPG
 線路が見えて来たので、駅は近いか。
IMG_0733.JPG
 野宮神社に出たので、JR嵯峨嵐山駅まで15分ぐらいか。
IMG_0737.JPG
 2万歩も歩いてしまった。w

◇2015年01月の京都
1月18日(日):深夜の先斗町
1月19日(月):真冬の嵯峨野・嵐山
1月20日(火):1年ぶりの静岡
posted by アサノ | 06:21 | アサノ家関西移住計画 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3318
トラックバック
Search this site