経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年04月のイベント(アサノの予定) | TOP | 大阪の部屋と京都の部屋 >>
UX神戸#10 ビジネスモデルキャンバス
DSC03685.JPG
 2月14日(土)、UX神戸の第10回(最終回)に来ています。
 今回は、昨年12月で終わったUXシリーズの番外編で、ビジネスモデルキャンバスを使って考えるワークショップだ。
DSC03686.JPG
 前半はケーススタディで、現行のUX神戸のビジネスモデルを主催者の大山さんにインタビューしながらビジネスモデルキャンバスを書きあげ。
DSC03689.JPG
 後半は、チーム毎に新しいUX神戸のビジネスモデルを考えて行く。
DSC03690.JPG
 普段ビジネスモデルに関して、あまり考えていない人でも、このキャンバスを使うことで容易に考える筋道を会得出来るわけやね。
DSC03691.JPG
 う〜ん・・・。
DSC03694.JPG
 さあ、それぞれのチームから発表です。
 全チーム違うビジネスモデルが出てきたので面白かった。w
DSC03696.JPG
 若手も頑張って発表。
DSC03698.JPG
 オーディエンス席から、やたら指示が飛ぶ。w
DSC03700.JPG
 ついに我慢出来なくなって、自分で説明するワンパクな女史。ww
DSC03704.JPG
 新しいビジネスモデルは、現状の問題点を改善しようと考えるものである。
 今まで出来なかったことをやろうと考える訳だが。
 なぜ出来なかったのかを、あまり考えていない。
DSC03706.JPG
 UX神戸はコアなメンバーがいてWSのレベルはかなり高いのだが、コミュニティーとして発展していない。
 その原因が皆さんの発表から分かった。
 「習えば分かる」と思っているのだ。
 学びの多様性を、取り入れなかったのはなぜか?
 学びを共有する「集合知」が無いんだな。
DSC03709.JPG
 ビジネスのコツは、如何にリ・フレーミングするかなのである。
 フレームからどのくらい飛び出すかは、各個人の日頃のトレーニングだと思う。
DSC03714.JPG
 主催者大山さんのクロージング。
DSC03716.JPG
 皆さま、全10回お疲れさまでした。
DSC03718.JPG
 全10回をコンスタントに質高く開催出来るUXコミュニティーは少ない。
 今、それが出来るのはこの神戸と京都ぐらいであろう。
DSC03719.JPG
 スタッフの皆さんも手弁当で頑張ってきました。
DSC03720.JPG
 2015年からは、新しいコミュニティーの活動を模索されるそうです。
 とても楽しみですね。
DSC03724.JPG
 炭水化物を沢山食べて。。
DSC03725.JPG
 私もお疲れさまでした。w

◇UX神戸2014 アーカイブ
2013年12月14日:#01UX/HCD概論とオブザベーション
2014年06月21日:#05 エスノグラフィ
2014年10月18日:#07構造化シナリオ法
2014年11月22日:#08アクティングアウト

posted by アサノ | 06:25 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3346
トラックバック
Search this site