経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 今月の名古屋めし 2015年2月 | TOP | UX飯塚#02 に行って来ました(前編) >>
UX 福岡#06 サービスデザイン設計(構造化シナリオ法)
IMG_1077.JPG
 2月21日(土)、UX福岡の6回目。
 やっとここまで来たって感じ。w
IMG_1093.JPG
 前回のペルソナ/シナリオ法で作って貰ったシートをプリントアウトして貰い。
 今回は、日本人間工学会アーゴデザイン部会の「エクスペリエンスビジョン提案型デザイン手法」の構造化シナリオを勉強する。
IMG_1080.JPG
 最初はチームでシート上にユーザー情報とビジネス情報を統合して行く。
IMG_1092.JPG
 ユーザー情報は前回ペルソナを作っているので書き易いが、ビジネス情報は仮想で作るので若干書きにくいかな。
 特定の企業内の研修の方が、ビジネスモデルが明確なので書き易いと思う。
IMG_1081.JPG
 バリューシナリオが出来たら、そのサービスを利用するシーンをいくつか想定する。
IMG_1088.JPG
 そのシーンをチーム内で分担して、各自がシナリオ(物語り)に書き起こす。
 それがユーザーの体験である。
IMG_1090.JPG
 ポイントは「UI用語」を使わないこと。
 ユーザーはインタフェースでモノを考えるのでは無く、やりたいコトで考えるからだ。
IMG_1095.JPG
 アクティビティシナリオでユーザーの「やりたい物語」が書けたら。
 それをインタラクションシナリオで「操作」に書き換える。
 ここでデバイスやソフトによってUIの設計が変わる訳やね。w
IMG_1091.JPG
 ユーザーの純粋な「やりたい物語」が書ければ免許皆伝である。
 だがUI用語にまみれた我らは、なかなかデトックス出来ないのである。
 結局知っているUIの編集からものを考えてしまうので、イノベーションが起きづらくなるのだ。
IMG_1104.JPG
 脳みそがクタクタに疲れたところで終了。
 懇親会でピザでも食べよう。
IMG_1110.JPG
 お疲れさま〜。w
IMG_1107.JPG
 ガンガン食べて下さい。w

◇UX Fukuoka 2014 アーカイブ
03月14日(土):サービスデザイン設計(ペーパープロトタイピング)

◇最近の構造化シナリオ法ワークショップ
posted by アサノ | 06:14 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site