経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 怪しい路地好き(松江東本町) | TOP | Design Sprint Night!に行って来た >>
境港鬼太郎の街
IMG_1697.JPG
 3月4日(火)松江宍道湖の朝。
IMG_1699.JPG
 旧市街の城下町から、新開地のJR駅方面に歩いて行く。
IMG_1706.JPG
 途中の寺町にあった「龍昌寺の十六羅漢」。
 こういう市井の生活と神仏が同居しているような街をヘルンは愛したのだと思う。
IMG_1714.JPG
 ここも、飲み屋街にぽつりとある鳥居。
IMG_1710.JPG
 松江最大の歓楽街「伊勢宮町」にやって来た。
IMG_1731.JPG
 以前は「新地」と呼ばれた遊郭だった場所。
IMG_1726.JPG
 こいう状態なのね。。
IMG_1734.JPG
 JR松江駅に到着。
IMG_1736.JPG
 駅前のバス停から、境港行のバスに乗る。
 日に6本ぐらいしか無いので、ジャストに乗れたのはラッキーだった。w
IMG_1747.JPG
 中海を望みながら、約1時間のドライブ。
IMG_1749.JPG
 このコースはお薦めだ。
 もう少し天気が良ければ最高なのだが、この季節の山陰にそれを求めてはいけない。
IMG_1753.JPG
 おお!おおお!!
IMG_1786.JPG
 ここが有名な「べた踏み坂」か!

 これこれ。w
IMG_1757.JPG
 そこまで凄くは無いが。ww
IMG_1771.JPG
 無事、境港に到着。
IMG_1773.JPG
 こういうコースを走ってきました。
IMG_1774.JPG
 中国人のテレビクルーが観光案内を撮ってる。w
IMG_1775.JPG
 ここは水木しげるさんの故郷らしい。
IMG_1779.JPG
 国境の島「隠岐」への玄関でもある。
IMG_1783.JPG
 トイレのフックにデイパックとカメラをかけたら。
 ガッシャン!と落としてしまうハプニングががが。。
 その時に落ちながらカメラが勝手に撮ったショットらしい。w
IMG_1814.JPG
 カメラフードはバリバリに割れて、レンズフードにもキズがついたが幸い本体には問題が無さそうだ。
IMG_1804.JPG
 水木しげるロードというのがある。
IMG_1805.JPG
 風が強くて寒い。。
IMG_1806.JPG
 これらのブロンズ製の妖怪像が、無駄にクオリティが高過ぎる。ww
IMG_1808.JPG
 これは、相当金掛かってると思う。
IMG_1809.JPG
 1体100万は下らないでしょ。
IMG_1811.JPG
 町全部が「水木しげるワールド」になっていて。
 ちょっと引く。ww
IMG_1813.JPG
 本当は、こんなレトロな床屋さんのある町だ。
IMG_1812.JPG
 記念館とか興味が無いのでパス。
IMG_1818.JPG
 女の子はこういうの好きだよね。
IMG_1820.JPG
 私は寒くて、飛行機の時間まで暇で困っている。
IMG_1821.JPG
 町を普通に「子泣きじじい」とかが歩いてるのが凄い。
IMG_1824.JPG
 ナンパしてる。w
IMG_1829.JPG
 それはストレート過ぎるだろ。w
IMG_1832.JPG
 街全体でこんなに投資して、水木しげるを知らない世代が増えたらどうするんだろ?
IMG_1838.JPG
 パン屋さんのイートインでコーヒーを飲んで「砂かけババア」パンを食べた。
IMG_1840.JPG
 妖怪にも飽きたので、港の方に来てみた。
IMG_1844.JPG
 巡視船は隠岐とか竹島とか行くんだよね。
 朝鮮半島との国境の守りだ。
IMG_1846.JPG
 隠岐まで高速船だと1時間で行けるらしい。
 以前、博多港から韓国の釜山港まで水中翼船で2時間だった憶えがある。
IMG_1869.JPG
 そろそろ水木先生にもお別れをして。
IMG_1872.JPG
 電車で米子空港に向かう。
IMG_1874.JPG
 停まる駅ごとに高校があるらしく、あっという間に満員になった。
 田舎の高校生は坊主でニキビ面で、本当に絵に描いたような青春だった。ww
IMG_1876.JPG
 米子鬼太郎空港に到着。
IMG_2436.JPG
 ローカル空港は能登きときと空港以来だ。
 さらば山陰、もう死ぬまで来ることは無いだろうな〜。

◇2015年03月の山陽・山陰旅行
2月28日(土):UX広島に行って来た
3月01日(日):今月の広島めし
3月02日(月):出雲大社にお参り
3月04日(水):境港鬼太郎の街
posted by アサノ | 06:16 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3364
トラックバック
Search this site