経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< UX飯塚#03 ビジョン提案型デザイン手法 | TOP | 今月の福岡めし 2015年03月 >>
北九州大学巡り
DSC04513.JPG
 3月16日(月)、お付き合いしている企業さんと、採用と学生WSを開くためのお話し合いをするために北九州にある私のコネの効く情報工学系大学を回ることにした。
01.jpg
 まずは博多駅をスタートして、9時ちょっと過ぎには九州産業大学へ。
DSC04506.JPG
 九州産業大学前という駅があり。
 待っていて下さった森田先生と大学へ。
DSC04507.JPG
 いや〜、大きな学校です。
DSC04508.JPG
 キャリア支援センターにお伺いして。
IMG_2583.JPG
 その後、森田先生の研究室で学生ワークショップについてミーティング。
DSC04509.JPG
 学生数が学部全体で1万人でこの大きなキャンパス。
 東京の感覚で言えば「贅沢」。ww
DSC04512.JPG
 多摩美にだって、こんな大きな美術館無いし。
DSC04511.JPG
 そんなに沢山校舎があってどうする。w
DSC04514.JPG
 大慌てで駅に向かい、ベンチで朝食。
 北九州人のソウルフード「シロヤのサニーパン」。
DSC04515.JPG
 剥かなくてよい冷凍ミカン「むかん」。
DSC04518.JPG
 なかなかいける。w
DSC04519.JPG
 「シロヤのオムレット」5個で200円。w
DSC04525.JPG
 北九州の折尾に着いて。
 車で迎えに来て下さった山崎先生と北九州市立大学へ。
DSC04526.JPG
 ここは、新しくて「はこだて未来大」みたいな校舎。
IMG_2584.JPG
 就職担当の先生方にいろいろヒアリング。
DSC04528.JPG
 折尾の街に降りて来たら、ちょうどお昼です。
 折尾堀川沿いの立ち飲み屋街を案内しましょう。w
DSC04531.JPG
 角打ち愛好家の聖地「高橋酒店」を見学。w
 昔の北九州八幡製鉄などで働く労働者は三交代制だったので、夜勤明けの工員さんとかが朝から飲みに来るわけだ。
DSC04537.JPG
 角打ちは、立ち飲み居酒屋とは違い、酒屋で酒を買った人が勝手に店先で飲んでいるという体裁なのである。
 なので飲食店では無いので、料理は一切出さない。
 客は勝手に魚肉ソーセージとか缶詰を開けたりして食う。ww
DSC04538.JPG
 昼から飲んでるおっちゃん達。w
DSC04539.JPG
 折角なのでバアちゃんに竹輪を切って出してもらう。
 飲食店では無いので、皿ではなくチラシを切った紙の上に乗って出てくる。w
DSC04556.JPG
 ランチは何にしようか?
DSC04543.JPG
 おお!「餃子兄弟」やってるじゃん。
IMG_2585.JPG
 羽根つき餃子。
DSC04555.JPG
 美味しいんですよ、ここの餃子ライス。w
DSC04561.JPG
 折尾の駅は古い木製だ。
DSC04563.JPG
 折尾名物東筑軒のかしわめしのお弁当売りさんがいる。
DSC04560.JPG
 これよりローカル線「福北ゆたか線」で、昨日までいた新飯塚に向かう。
DSC04566.JPG
 途中で乗り間違いをしたりしながら、飯塚のハウインターナショナルの高橋さんに車で連れ来て頂いて。
 何とか国立九州工業大学に到着!
IMG_2588.JPG
 ここが私たちのイメージにある大学っぽい。w
DSC04567.JPG
 キャリアセンター長とお話しさせて頂いて。
 やはり国立の工業系はまだ重厚長大な就職観だな〜と思った。
IMG_2589.JPG
 帰りがけにロボットサークルの部室を訪問。
 ソフト開発といえども手を動かしているのはいいな。
 大慌てで、最後の訪問先「近畿大学産業理工学部」に到着。
DSC04576.JPG
 キャリア支援室へ。
IMG_2590.JPG
 ここで担当の先生とお話をした後。
IMG_2591.JPG
 学生さんと話す機会を設けて頂きました。
 今回はハードスケジュールすぎたけど、4校とも全然カラーが違うのがとても面白かった。
 次回から「学生WS」の話を進めて行くのだけれど、1日に2校が限度だな。w
 ご協力頂きました、九産大森田先生、北九大山崎先生、飯塚のハウインターナショナル高橋さま、本当にありがとうございました。

◇2015年03月の北九州
03月14日(土):サービスデザイン設計(ペーパープロトタイピング)
03月16日(月):北九州大学巡り
posted by アサノ | 06:11 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site