経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ヒカリエで講演 | TOP | 2014年度産技大修了旅行1日目 町屋で中華ランチ >>
2015年春タイ北部旅行 3日目チェンマイのチャイナタウン
DSC05349.JPG
 旅の3日目3月25日の午後、チェンマイに着いて宿に荷物を置いたら、少し近所を探検してみよう。
DSC05271.JPG
 ソイ(路地)の出口には派手なゾウさんがいた。w
DSC05284.JPG
 チェンマイの旧市街の入口ターペー門から東に向かって伸びる通りをターペーロードと言う。
DSC05285.JPG
 そのターペーロードをターペー門を背にして歩いて行くと、「ワット・ブッパラン」というお寺があった。
DSC05276.JPG
 名刹なのか、観光寺なのか。。
DSC05280.JPG
 このクオリティは・・汗
DSC05282.JPG
 よく分からないが、手がこんでいることは確かだ。w
DSC05286.JPG
 分かるのは、タイ人ってこういう細かい細工が好きなことだ。w
DSC05287.JPG
 必ず涼しい所にいるイヌ。w
DSC05289.JPG
 この寺は短パンOKらしい。
 となると名刹ではないな。w
DSC05291.JPG
 ガオ〜!
DSC05293.JPG
 更にターペー通りを東に向かう。
 本日の位置関係。
 ゲストハウスからターペー通りを右に向かい、ナイトバザールの辺りで左折して川沿いの市場に来た。
DSC05294.JPG
 まったく土地勘無く地図も持たずに歩いていたら、賑やかな場所に出た。
DSC05295.JPG
 漢字の看板が見えるという事は、もしかするとバンコクの「ヤワラー(中華街)」のミニ版か。
DSC05298.JPG
 おお、ここでもイチゴを売っている。
DSC05300.JPG
 20バーツ(70円弱)だったので、買って食べながら歩く。
 旅の最中はビタミンCが欠乏するので、果物をちょいちょい食べられるのはありがたい。
DSC05301.JPG
 市場の中に入ると、食用犬がいた。
DSC05302.JPG
 中国のチャウチャウのように大型じゃないのも食べるんですね。
DSC05304.JPG
 なんと!ありがたいことに日本語で「フードセンター@トンラムヤイマーケット」と書いてある。
 しかもプリントしてあるのがタイらしくない。ww
DSC05306.JPG
 どうもこの市場(タラート)は、道を隔てて「ワローロット市場」と「トンラムヤイ市場」に分かれているようだ。
◇ワローロット&トンラムヤイ市場MAP:http://www.sawadeechao.net/talaat/warorot_map.htm
DSC05309.JPG
 市場は食品売り場が土地らしさが出てていいね。
DSC05314.JPG
 腹減ったので、食堂に入った。
DSC05317.JPG
 なんの期待もしないでソバを頼んだが、今まで食べた中で一番美味かった。
DSC05319.JPG
 つみれとチャーシューとかいろいろ入っていた。w
DSC05323.JPG
 市場の裏は「ピン川」だ。
DSC05325.JPG
 市場から少し離れた場所に橋がある。
DSC05326.JPG
 対岸には「 チャルンラート通り」という、お洒落なセレクトショップが並ぶ。
DSC05328.JPG
 川岸から陸橋を渡り。
DSC05329.JPG
 「トンラムヤイ市場」の外観。
 中で見るよりお洒落。w
DSC05330.JPG
 陸橋を降りると、場外市場が広がる。
DSC05333.JPG
 おお!食い物屋が美味そうだ。ww
DSC05334.JPG
 ピン川に沿って屋台が並ぶ。
DSC05335.JPG
 お洒落した女の子も屋台で買い食い。w
DSC05336.JPG
 そろそろ市場(タラート)を後にするか。
DSC05337.JPG
 やはり漢方薬のお店があるということはチャイナタウンなのか?
 台北の迪化街のような匂いがする。
DSC05341.JPG
 どこにも書いてないな〜。
DSC05342.JPG
 おお!あった中華門。
 やっぱりチャイナタウンなのか。
 タイは他の国と状況が違って、華僑がタイ人社会と同化しているので、ちょっと分かり辛いかもしれない。
DSC05343.JPG
 さあ、宿に帰りたいがどっちに行けば良いのか?
DSC05344.JPG
 見知らぬ街を迷いながら歩くのは楽しい。
DSC05347.JPG
 小さなソイを抜けたらターペー通りに抜け出た。
 ゲストハウスで少し休もうか。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目市場好き(チェンマイ・ワローロット市場とトンラムヤイ市場)
3月26日:4日目チェンマイのソイ巡り
posted by アサノ | 06:13 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3389
トラックバック
Search this site