経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 高円寺事務所日記 立ち飲み2軒 | TOP | 某メーカーUXセミナー#02ユーザービリティ評価(タスク設計) >>
2015年春タイ北部旅行 4日目チェンマイのナイトバザール
DSC04832.JPG
 3月25日、夜になってナイトバザールを見物に来た。
DSC04834.JPG
 最初から分かっていたが、完全な観光客向けのバザール。w
01.jpg
 こういう位置関係で、ゲストハウスからは歩いて10分〜15分ぐらいか。
DSC04837.JPG
 でっかいフードコートみたいなのがあり。
DSC04838.JPG
 高いし、あまり美味そうなものが無かったので。。
DSC04839.JPG
 ソムタム(青いパパイヤのサラダ)を買って。
DSC04841.JPG
 作るところは初めて見た。w
DSC04843.JPG
 ソムタムでビール。ちょっとさびしいが、あまり長居をする所でも無さそうだね。
DSC04845.JPG
 と思っていたら「ここいいですか?」と女性が二人。
 聞いてみたら、中国人で団体旅行の自由時間だそうだ。
 私と違って爆食しておった。ww
DSC04849.JPG
 ぶらぶら歩いて、ナイトバザールを見物。
DSC04852.JPG
 妙に馬鹿でかいお土産ものセンターとか。
DSC04853.JPG
 タイの伝統音楽とか。。
DSC04855.JPG
 観光市場丸出しで、かなり興ざめだね〜。
DSC04856.JPG
 こういう市場は見飽きたというか、困ったな〜。
DSC04857.JPG
 欧米人は好きだよね、こういう場所。w
DSC04858.JPG
 しょうもないお土産あり。w
DSC04860.JPG
 スタバでコーヒー飲むのもな〜。
DSC04861.JPG
 食事をしたいが、あまり良さそうな店も無いし。。
DSC04862.JPG
 もう帰ろうかと思い始めていると。
DSC04863.JPG
 ターペー通りに近い辺りに。
DSC04864.JPG
 こぎれいな屋台の並ぶ広場があった。
 足のマッサージが30分80バーツだったのやって貰い。
DSC04872.JPG
 そこの屋台バーで飲むことにした。
 左の女子達は韓国人。
DSC04870.JPG
 お酒がいろいろあるので。
DSC04868.JPG
 「モヒートできる?」って聞いたら出来ると言うので。
DSC04869.JPG
 1杯100バーツ(約360円)。
DSC04873.JPG
 軽く酔っぱらって帰るか。
DSC04878.JPG
 うろうろゲストハウスの近くまで帰って来た。
DSC04876.JPG
 夜中に子どもが木に登って何かを取っている。
 僕らの子どもの頃はよく木に登ったが、最近では見る事が少ないので、なんだかいいものを見た気がした。w
DSC04879.JPG
 結局晩ごはんはソムタムだけだったので、コンビニで得意の「カップヌードル・トムヤンクン味」を購入。
DSC04881.JPG
 タイのコンビニは、ちゃんとお湯がいつでも出るようになっているのが便利。
 日本もこの給湯器つければいいのにね。
DSC04882.JPG
 ゲストハウスのソイ(路地)に差し掛かったら、角のお寺でなにかやっている模様だ。
DSC04899.JPG
 おお!派手なゾウが輝いておる。
DSC04890.JPG
 ちょっと僕も中に入れて下さい。
 信者じゃないと入れないのかしら?
DSC04893.JPG
 ガムランみたいな楽団が演奏中。
DSC04895.JPG
 仏像がロウソクの灯りにゆらめく。
DSC04898.JPG
 ナイトバザールより、こちらの方が全然素晴らしい!
DSC04900.JPG
 以前、バリ島で白日夢のようにお祭りの行列に出会ったことがあるが。
 そんな偶然の体験だ。
 信心深い人々の中に入れて良かった。
DSC04901.JPG
 いいものを見せて頂きました。
 これでつまらないナイトバザールも、汚いゲストハウスもちゃらだね。ww
DSC04885.JPG
 お寺から出たら山門の前にロティ屋さんの屋台が出ていた。
DSC04906.JPG
 大勢人だかりが出来て、飛ぶように売れているので私も買ってみよう。
DSC04907.JPG
 プレーンなのが良かったのに、チョコレートソースをかけられちゃった。w
DSC04908.JPG
 感心したのは、街にゴミが落ちていないことと。
 ゴミ袋が必ず縛っていなくて、ゴミを持った人が捨てれるようになっていること。
 信仰が根付いているタイの人々は「利他的」な行為を普通に行うのが素晴らしい。
 本当に良い国だと思う。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
posted by アサノ | 06:15 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3411
トラックバック
Search this site