経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年08月のイベント(アサノの予定) | TOP | ジェットスター最悪! >>
2015年春タイ北部旅行 5日目パーイへツーリング(前半)
DSC05134.JPG
 3月27日(金)の朝。
 おはようございます。
DSC05133.JPG
 本当に気持ちの良い朝だ。w
DSC05136.JPG
 昨日のうちに予約したレンタルバイク屋に行き、バイクを受け取る。
 250ccのモタードで、1日の借り賃が700バーツ(約2500円)とパスポートを預けないためのデポジットが5000バーツ(約17500円)だ。
DSC05141.JPG
 借りると同時にガソリンスタンドでガス補給。ww
DSC05144.JPG
 レンタルのヘルメットは頭に合わないし汚いので、走り出してすぐ城外に出て107号線に入ったところでヘルメット屋さんを見つけて入る。
DSC05143.JPG
 ちょうどサングラスも無かったので、シールド付きのジェット型を760バーツ(約2700円)で購入。
 バイクのレンタル料より高いが、視界や頭がグラグラするのを防ぐための保険だと思うことにしよう。w
 ちなみに、凄く具合が良かったので、日本に帰ってから調べたら。
 日本のメーカーのOEM生産品だったみたいた。タイの工業力恐るべし。ww
DSC05145.JPG
 ここまで被ってきたものは、あとで返さなくてはいけないので、後部にくくりつける。
DSC05146.JPG
 全然かぶり心地が楽で、視界がクリアだ。
 バイクはヘルメットとブーツはしっかりしているほど安心感が強くなる。
 今回は足元がスニーカーなのが、ちょっと不安かな。
DSC05147.JPG
 幹線国道の107号線から、ローカル国道の1095線に入る。
 一挙に車の数が減り、楽しい田舎道のツーリングの始まりだ。
 パーイまでは98kmか。まだまだあるね。
DSC05151.JPG
 しばらくは北海道のような直線道路が続く。
 本日のツーリングコース。
 なんだかんだで、往復300km近くは走ることになった。w
DSC05150.JPG
 ど〜んと広がる荒野。
 タイはまだまだ土地があるんだね。
DSC05153.JPG
 途中の休憩スポットでおしっこ。
 欧米人のバッグパッカーは、後ろのような相乗りマイクロバスでパーイを目指す。
 私はどうもそういうのが、自由が無くて苦手であるのでバイクに乗るのだ。
DSC05166.JPG
 山奥で修業僧に会う。
DSC05170.JPG
 景色が良いのでカメラを出していたら、二人乗りのカブにぶち抜かれた。ww
DSC05172.JPG
 つづら折りの坂道を登って行くと、小さな展望台があった。
DSC05178.JPG
 今回の旅に持って来た服を全部着ている。ww
DSC05181.JPG
 2000円台のヘルメットには見えないでしょ。
 タイでバイクに乗る時は、日本から持って来る必要は無いな。w
DSC05176.JPG
 更に登り続ける。
DSC05185.JPG
 だいぶ来たところで、以前観光客を乗せた乗合バスが谷に落ちた現場を通る。
DSC05186.JPG
 来る前にこのニュースを見て、パーイに行くのはどうしようかと思ったが。。
 日本の山道に慣れていれば、大丈夫だと思います。
DSC05187.JPG
 山道を抜けると、ぽっかりとのどかな景色出会う。
DSC05188.JPG
 ここがパーイなのか?
DSC05189.JPG
 鉄橋があった。
 鉄道が通っているのでは無いらしい。
DSC05191.JPG
 なんだか、のどかで良い所だな〜。
DSC05203.JPG
 ガソリンを入れていたら、3人乗りのカブがやって来た。
DSC05200.JPG
 こんな子どもがバイクに乗っていいんかい?ww
DSC05204.JPG
 町の中に入ってきました。
DSC05208.JPG
 欧米人の姿がちらほらと目につき始めた。
DSC05210.JPG
 この辺りがパーイのメインストリートか?
DSC05221.JPG
 150kmぐらい走って来たので疲れた。
 そろそろお昼ごはんを食べようか。
DSC05214.JPG
 ホッと一息。
DSC05218.JPG
 あまり休まず走って来たので、ゆっくりお昼ごはんを食べる。
 さあ、どうしようかな〜。
 何も見どころも調べずに来ちゃったからね。w

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
posted by アサノ | 06:07 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3422
トラックバック
Search this site