経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 某メーカーUXセミナー#08構造化シナリオ法 | TOP | HCD-Net教育セミナー「サービスデザイン方法論(実践編)」#05ペルソナ/シナリオ法と上位下位関係分析法 >>
2015年春タイ北部旅行 7日目チェンマイからバンコク・カオサンへ
DSC05444.JPG
 3月29日7日目の朝、おはようございます。
 今日でチェンマイともお別れです。
DSC05448.JPG
 チェンマイは良かったので、また来たいです。
 泊まった「Sabuy Guesthouse」もとても良かった。
DSC05446.JPG
 僕の泊まった道路に面した2階の10号室と。
DSC05449.JPG
 L字型の反対の角部屋の7号室が良い。
 泊まる場合は、そこを指定してみよう。w
DSC05439.JPG
 シャワーも安定していた。
DSC05437.JPG
 だいたい外国は電気が日本の100wと違って220wあるので電気ヒーターでお湯が沸くのだ。
 こんな便利なもの無いと思うのだが。w
DSC05450.JPG
 ゆっくり朝ごはんを食べてと。
DSC05453.JPG
 スタッフの皆さんにお別れ。
 右奥のヘルメット姿が、毎晩酔っぱらっている女性マネージャー。w
DSC05455.JPG
 このおばちゃんは、昨日お化粧していた子のおかあさん。
 以前、茨城に嫁いだことがあるので、ブロークンだが日本語がしゃべれる。
 とっても助かりました。
DSC05458.JPG
 トゥクトゥクで空港までひとっ走り。120バーツ(約430円)
DSC05462.JPG
 チェンマイ国際空港に到着。
DSC05465.JPG
 バンコク・スワンナプーム国際空港まで約1時間のフライトだ。
DSC05467.JPG
 僕のお気に入りの「BLACK CANYON COFFEE」のCHA THAI YEN(タイ式アイス紅茶With MILK)65バーツ(約230円)。
DSC05474.JPG
 バンコクにあっという間に到着。
DSC05469.JPG
 バンコク・スワンナプーム国際空港は、東南アジアではシンガポール、香港と並ぶハブ空港だ。
DSC05471.JPG
 歩けよって感じ。w
DSC05475.JPG
 名物のエスカレータ。
 これで地下まで行く。
DSC05477.JPG
 地下のエアポート・レール・リンク(ALR)の駅。
DSC05478.JPG
 市内まで45バーツ。
DSC05479.JPG
 いつも朝一番に着く飛行機でしか来たことが無いので、こんなに観光客がいるのを見たのは初めてだ。
DSC05481.JPG
 パヤータイ駅でBST(モノレールに乗り換える)。
DSC05482.JPG
 BST専用の非接触式プリベイドカードを購入。
DSC05483.JPG
 続いて、サパーンタクシン駅でチャオプラヤー川のチャオプラヤーエクスプレスボートに乗り換え。
DSC05484.JPG
 結構複雑そうな乗り換えだが、慣れてしまえばバンコクの公共交通機関は便利である。
DSC05486.JPG
 バンコクぐらい都会になると、坊さんに席を譲るような信心深い人間はいない。w
DSC05487.JPG
 まあ、乗ってるのは大半が外国人観光客だからね。w
DSC05488.JPG
 N13Phra Artit Pier(プラ・アーティット・ピアー)の船着場で下船。ここまで150バーツ。
DSC05494.JPG
 やっとバックパッカーの聖地「カオサン」に到着だ。
DSC05492.JPG
 船着場からは歩いて5分ぐらい。
DSC05490.JPG
 最近は韓国の若者が増えた。
DSC05491.JPG
 とはいえ、やはり白人天国だ。
DSC05495.JPG
 以前ほどは大麻や薬やってるようなヒッピー(古い!)風ドレッドヘアー若者は減って、普通の観光客が増えたみたい。
DSC05496.JPG
 西洋人って、我々のようにあくせく観光とかしない。
 ひたすら何日間ものんびりとしている。
 以前京都のゲストハウスで新聞を3時間かけて読んでるフランス人に会ってビックリした経験がある。ww
DSC05498.JPG
 お寺のL字型のコーナーの角に両替屋があり、その近くに目指すゲストハウスがある。
DSC05499.JPG
 私のカオサンでの定宿「NEW SIAM GUEST HOUSE」がある。
DSC05500.JPG
 いつの間にか常宿になったのは、喧騒のカオサン通りから離れて静かなのと、ベランダから見えるお寺の緑だ。
DSC05503.JPG
 静かとはいえ、そこそこのお店や賑やかさもあるので、大人のバッグパッカーには良いかも。w
DSC05508.JPG
 部屋はそこそこ清潔で、エアコン、セーフティーボックスもある。
DSC05507.JPG
 ベッドも充分大きいし。w
 WiFiが有料なのが腹が立つ。
DSC05506.JPG
 お湯もちゃんと出る。
DSC05512.JPG
 割りと誰に聞いても、すぐ並びにある「Lamphu House」が良いと言う。
 通りからちょっとだけ奥まった場所なので分かりにくいが。
DSC05511.JPG
 チェンマイにも姉妹店があったが、経営者のセンスが良いのだろう。
 私が泊まろうと思った時は、いつも満室で予約できた時が無い。w
DSC05513.JPG
 部屋に荷物を置いたら、何はともあれチャクラポン通りとランプトリー通り(裏カオサン)の交差点のカオマンガイ屋台に行く。
20140520_1073271.jpg
 この屋台が近いのも、この近辺に泊まる理由の一つだ。w
DSC05514.JPG
 あれれ、今日はおばちゃんじゃないんだ?
 ちょっと不安。w
DSC05518.JPG
 ここのカオマンガイ(蒸し鶏ごはん)がバンコクで一番美味しいと思っている。
 その秘訣は、別に出しているカーオカームー(豚足やすね肉煮込みごはん)のお汁を蒸し鶏にかけるからだ。
 今回は、カーオカームーを食べよう。
 美味すぎるので、仕込みをしている人は変わっていないらしい。w
DSC05516.JPG
 珍しく日本人の女の子を発見!
 白人ばかり見慣れていると、ちいさくて可愛い。w
DSC05523.JPG
 この交差点はぼったくりトゥクトゥクやタクシーのたまり場なので、絶対乗ってはいけません。
 50m歩けば半額で乗れる。w
DSC05524.JPG
 こちらが本物の「カオサン通り」。
DSC05525.JPG
 原宿の竹下通りみたいで、うるさくてあまり好きでは無い。

◇ジパングトラベル・カオサンMAP(PDF)
DSC05526.JPG
 どちらかというと好きなカオサン通りに並行した薄暗いアーケード街は再開発中で、以前の風情が無くなって時の流れを感じる。
 ゲストハウスに戻って、ひと休みしようっと。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
posted by アサノ | 06:07 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3508
トラックバック
Search this site