経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年春タイ北部旅行 8日目怪しい路地好き(タニヤとパッポン) | TOP | SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM >>
2015年春タイ北部旅行 8日目ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
DSC05696.JPG
 パッポンからトゥクトゥクで脱出してきた。
DSC05699.JPG
 「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム!!」と言ったら運転手のおにいちゃんは分かったみたいで。
 シーロムからラチャダムリ通りを北上してプラトゥーナム交差点を目指す。
DSC05714.JPG
 「ここだ、ここだ!」と降ろされると、確かにピンクのTシャツが目に入る。
DSC05700.JPG
 「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」はバンコクでも有名なカオマンガイ屋さん。
DSC05701.JPG
 東京でも「ガイトーンTOKYO」として店舗がある。
DSC05702.JPG
 夜も遅いと言うのに、凄い賑わいだ。
DSC05703.JPG
 タイの屋台はどこも美味しいと思うのだが、やはり人は人気店に集まるのか。w
DSC05708.JPG
 早速「カオマンガイ」を注文!
DSC05704.JPG
 鶏肉が妙にフワフワしていて、折角タイに来て野生の鶏肉が美味しいと思ってるのに。。
DSC05709.JPG
 言ってみれば、名古屋のひつまぶしにするようなカリカリに焼いたうなぎが好きな人が、東京の高級な蒸したうなぎを食ったようなイメージか。w
 あまり美味しいとは思わなかった。私の趣味が貧乏くさいのかもしれない。ww
DSC05710.JPG
 それにしても、お客が引きも切らない。
DSC05711.JPG
 カオマンガイって、蒸した鶏を刻んでごはんに乗せるだけだから、大した厨房がいらないんだよね。w
DSC05713.JPG
 この人がご主人か。
DSC05715.JPG
 周りにも飲食店が多い。
DSC05717.JPG
 ここからスクンビットまで歩いて帰ることにした。
DSC05719.JPG
 BTSの高架には遊歩道がついているので、下の景色を見ながら歩ける。
DSC05718.JPG
 タイの人は信心深いね。
DSC05721.JPG
 宗教と生活が密接に繋がっているんだね。
 いつ見ても感心する。
DSC05722.JPG
 アソークまで戻ってくると、路上に屋台バーが並ぶ。
DSC05724.JPG
 もう、結構出来上がっちゃっていますね。ww
DSC05726.JPG
 スクンビットには、バンコク3大歓楽街の「ソイ・カウボーイ」がある。
 元は米軍がいた場所に開けた歓楽街で、沖縄のコザもたいなものか。
DSC05727.JPG
 ソイ(路地)・カウボーイ(アメリカ人)で「カウボーイ横丁」みたいな名前です。
DSC05728.JPG
 3大歓楽街の中では一番小規模であるが、とても活気がある。
DSC05731.JPG
 だいぶ歩いたので、大音量生バンドの入っているバーでビールを飲もう。
DSC05735.JPG
 いや〜!盛り上がって来ました。
 この子達はゴーゴーバーの踊り子ですね。
DSC05738.JPG
 ソイ・カウボーイは日本人がほとんど来ないので、好きです。ww
 別にゴーゴーバーとか入らなくて、通りに面したバーでビールを飲むだけで面白い。

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
3月31日:9日目アユタヤツーリング
3月31日:9日目怪しい路地好き(バンコク・ナナプラザ周辺)
4月01日:10日目帰国
posted by アサノ | 06:17 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3514
トラックバック
Search this site