経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年春タイ北部旅行 9日目アユタヤツーリング(前編) | TOP | 高円寺事務所日記 警察官をシャドウイング >>
2015年春タイ北部旅行 9日目アユタヤツーリング(後編)
DSC06002.JPG
 3月31日の後半。
DSC06004.JPG
 ワット・マハータートをのんびり歩く。
DSC06005.JPG
 アユタヤの遺跡は、ほとんど原型を留めていないものが多い。
DSC06006.JPG
 ワット・マハータートは14世紀に建立された、アユタヤにある400の寺の中で最も権威が高い寺なのだそうだ。
DSC06007.JPG
 隆盛を極めた王朝も、1767年のアユタヤ陥落によってビルマ軍によって破壊されてしまう。
DSC06009.JPG
 仏像の頭部には黄金が埋め込まれていると信じられており、また手には黄金によって装飾されていたため、アユタヤ陥落によってビルマ兵は仏像を破壊して黄金を持ち去ったそうである。
DSC06011.JPG
 そのためアユタヤの多くの仏像は頭部・手が破壊されている。
DSC06013.JPG
 この仏像は、かなり修復されていますね。
DSC06016.JPG
 僕がこのお寺で一番好きな「ヘビ姫さま」。
DSC06019.JPG
 とても美しいフォルムをしています。
DSC06023.JPG
 今回は遺跡めぐりでは無く、タイの田舎をのんびりツーリングするのが目的だ。
DSC06024.JPG
 古都の観光客の来ない場所は静かで良いな。
 バイクに乗っていると、足に羽根が生えた気分だ。
DSC06026.JPG
 1本橋をバイクが渡っていたので。
DSC06027.JPG
 私も渡ってみた。w
DSC06030.JPG
 住宅街に迷い込んだ。
 その迷うのが楽しい。
DSC06031.JPG
 地元の人が熱心にお祈りをしていた。
DSC06032.JPG
 僕も旅の無事を祈ろう。
DSC06034.JPG
 屋根だけが無い建物を発見!
DSC06035.JPG
 中をのぞいたら、仏さまがおいでだった。
DSC06040.JPG
 高い塀に囲まれた緊張感がありながら、空は抜けたように青い。
 素敵な空間だ。
DSC06041.JPG
 日本人の大学生の一行と出会った。
DSC06043.JPG
 今回、タイに来て初めて会った日本人だった。
 そうしてみて分かったのは、日本人と会ったり話したりしたいと思わなかったんだ〜。ということw
DSC06045.JPG
 「ワット・ロカヤスタ(寝仏の寺」の涅槃仏。
DSC06048.JPG
 全長27mもあるそうだ。
DSC06049.JPG
 17世紀にビルマ兵がお寺や他の仏像は全て壊して行ったのだそうだ。
DSC06054.JPG
 野良犬じゃなくて、みんなの犬。w
DSC06055.JPG
 日本人学生達と別れる。
 彼らはチャーターしたトゥクトゥクだったが、私は自由なバイクだ。
DSC06056.JPG
 誰にも気兼ねせずに、好きな方角に行ける。w
DSC06058.JPG
 川に沿って走って行くと。
DSC06059.JPG
 観光客は誰も来ないところにも小さな寺院がある。
DSC06062.JPG
 バンコクまで流れて行くチャオプラヤー川。
DSC06063.JPG
 トゥクトゥクの少女達としばし走る。w
DSC06068.JPG
 そろそろ腹が空いて来たな。
DSC06074.JPG
 川べりにテラスがあったので、そこでバイクを止めた。
DSC06070.JPG
 「なにも無いよ」というので、タイの炒飯カオ・パットを食う。
DSC06072.JPG
 喉が渇いたのでスプライトばかり飲んでいる。
DSC06078.JPG
 途中、観光客を乗せた象に会った。
DSC06080.JPG
 タイにいると象が珍しくなくなる。w
DSC06082.JPG
 広い草原のような所に出た。
DSC06083.JPG
 まるで北海道を走っているようで、行ける所まで行ってみようと思った。
DSC06084.JPG
 30分ぐらいひたすら走ったら、隣の駅まで来てしまった。
DSC06085.JPG
 タイは広いな〜。
DSC06088.JPG
 ちょっと新し目のガソリン給油機。
 セルフというか自動販売機。w
DSC06087.JPG
 まったく分からない。w
DSC06091.JPG
 オフロードカー屋さんがあった。
DSC06092.JPG
 前に来た事がある「日本人村」。
DSC06094.JPG
 山田長政ら、日本人傭兵がいた場所。
 関ヶ原で負けて、ここまで流れてきたのですね。
DSC06095.JPG
 そろそろ帰る時間なので、大きなガソリンスタンドで給油。
DSC06099.JPG
 バイクを返却して、ホッと一息。
DSC06101.JPG
 レンタルバイク屋さんがレストランと兼業です。
DSC06102.JPG
 おねえさん、ありがとうございました。
DSC06103.JPG
 駅前で焼き鳥とか買って。
DSC06104.JPG
 汽車の中で食うつもり。
DSC06106.JPG
 フルーツも買って。
DSC06107.JPG
 ついでにパッタイも買って行くか。w
DSC06110.JPG
 いきなりホームのテーブルで食べ始めちゃった。
 焼き鳥とタイ米のおにぎり。
 美味いんだよな〜。
DSC06114.JPG
 みんなの犬とも一緒に食べよう。
 こんな感じか。w
 タイの泣けるCM:https://youtu.be/p3kOhdBy39E
DSC06118.JPG
 そろそろ汽車が来るか。
DSC06119.JPG
 さらばアユタヤ。
 今度来る時は「Ayothaya Floating Market(水上マーケット)」があるらしいから、行ってみたかったな。
DSC06121.JPG
 しゅっぱ〜つ!
DSC06122.JPG
 慌てて乗ったら、ホームのベンチにヘルメットを置いて来てしまった。
 まあ、飛行機で持って帰るか悩んでいたので、しょうがないとは思うが。
 ならば、優しかったバイク屋のおねえさんが欲しがっていたから、あげれば良かったとがっかりした。
 チェンマイでパーイにツーリングする為に買った760バーツ(約3000円)だが、保険をかけていたと思って諦めよう。ほぼこれ
DSC06126.JPG
 バンコクに帰って来ました。
DSC06127.JPG
 お疲れさまでした。
DSC06128.JPG
 さあ、帰ってシャワーを浴びたい。
DSC06130.JPG
 明日はもう帰国だ。
DSC06131.JPG
 いいね、この年から旅行するなんて。
DSC06132.JPG
 ママがバックパッカーだったのか?
DSC06134.JPG
 もう履いて来たニューバランスがボロボロ。
 捨てて帰ろうかな。w

◇2015年春タイ北部旅行アーカイブ
チェンラーイ編
チェンマイ編
3月26日:4日目ターペー門で夕食
3月28日:6日目チェンマイ最後の夜
バンコク編
3月30日:8日目スクンビットに移動
4月01日:10日目帰国
posted by アサノ | 06:07 | 2015年春 タイ北部旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3516
トラックバック
Search this site