経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年春タイ北部旅行 7日目怪しい路地好き(バンコク・カオサン) | TOP | UX名古屋 #03構造化シナリオ法 >>
成安造形大学UX研修プログラム #01UX概論とブートキャンプWS
DSC06142.JPG
 8月29日(土)、JR湖西線おごと温泉駅。
DSC06146.JPG
 京都からはそんなに時間はかからなかったが、かなり田舎に来た気分。w
DSC06143.JPG 
 京都の次の山科駅で琵琶湖の西岸を走る路線と東岸を走る路線に別れるようだ。 
DSC06149.JPG
 駅前に足湯があった。
 バスを待つ間に入ってみたかったが、タオルが無かった。残念w
IMG_4849.JPG
 ここから「成安造形大学」行きのスクールバスに乗る。
DSC06153.JPG
 大草先生のお招きで、後期に連続公開講座をさせて頂くことになりました。
 詳細はこちら。
◇成安造形大学UX研修プログラム:http://www.seian.ac.jp/public/26903
 大学での講義なので、出来るだけ手法の「スキル学習」に重きを置かずに、人間の総体としての「発達」に焦点を絞って講座を進めようと思う。
DSC06154.JPG
 2時間半ぐらいの講義の後に、小さなワークショップを行った。
 受講者は学生と社会人ほぼ半々である。
DSC06166.JPG
 一つは、講義の「焼き付け」のためのミニワークショップを行い、もう一つはチームビルディングのワークショップである。
DSC06167.JPG
 チームビルディングのワークショップは「マシュマロ・チャレンジ」を行った。
DSC06160.JPG
 成安造形大学の「情報デザイン研究会」のメンバーがチームにつききりでRTDをやってくれている。
 まだ「何のために」観察をしているのか「問い」がたっていないので、やり方に問題はあるが。僕は基本的には「グラレコは役に立たないだろう」派なので、こういうRTDの取り組みを歓迎する。
 今回の研修プログラムを通じて「成功」したチームの思考プロセスのパターンを見つければ良いのに。
DSC06179.JPG
 ただチームのメンバー各自の行動を羅列してもあまり意味が無い。1チーム10名のグループなら観察者も10名つくのか?
 完成したRTDには、チームの成果が書いていなかったのが痛い。てか観察する意味が無いんじゃねw
DSC06171.JPG
 かなり面白がっていましたね。
 発達はそもそも協同的であるものだ:レフ・ヴィゴツキー
DSC06177.JPG
 美しくない形態は機能も低いものが多い。デザインの鉄則であるww
IMG_4851.JPG
 夕方まで目いっぱい楽しんで終了。
IMG_4852.JPG
 明日は名古屋だ。

◇関連ブログ:
UX SHIGA#01(成安造形大4年生のナナちゃん)

◇成安造形大学UX研修プログラム・アーカイブ
08月29日(土):第1回UX概論・ミニWS
09月12日(土):第2回オブザベーションWS
10月12日(月):第3回調査の記述 
11月14日(土):第4回エスノグラフィ
12月05日(土):第5回KA法とカスタマージャーニーマップ 
posted by アサノ | 06:16 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site