経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< UXデザインワークショップ in 福岡(1日目)ペーパープロトタイピング | TOP | 成安造形大学UX研修プログラム #02 オブザベーションWS >>
UXデザインワークショップ in 福岡(2日目)体験プロトタイピング
 9月6日(日)、UXデザインワークショップ2日目。
IMG_6870.JPG
 昨日ペーパープロトからProttに移したサービスを体験プロトタイピングを通して評価するフェーズを行います。
IMG_6868.JPG
 アクティビティシナリオのシーンを街に出て体験してみよう。
IMG_6877.JPG
 現場に出て実際にサービスを使ってみることを「サービスサファリ」と言います。
 既存のサービスを試して、修正を加えたりリニューアルに資する時によく行いますが。
 開発の上流工程で取り入れることによって、UIのような戦術的な修正では無く、UXといった体験のプロトタイピングも可能です。
 ほんの2時間ほどやれば、驚くほどの発見があるので是非試してもらいたい開発者評価法ですね。
IMG_6879.JPG
 他のチームとすれ違う。
IMG_6880.JPG
 お〜、なんかキモイ。w
IMG_6888.JPG
 フィールドワークのシャドーイングとは違うので、途中でメンバー間の意見交換も可である。
IMG_6890.JPG
 そういう意味では、行動観察のエキスパートでなくとも評価の敷居が低いのが良い。
IMG_6891.JPG
 そこがユーザー評価と開発者評価の大きな違いだ。
IMG_6895.JPG
 開発メンバーみんなで一緒に考え改善をし行く過程で、ユーザービリティだけでは無くユーザー体験を考えることに意味がある。
IMG_6896.JPG
 後で会場に戻ってから議論し易いようにムービーも撮っておこう。
 ナレーションやボイスメモを入れておくと、後日振り返りがし易いものだ。
IMG_6902.JPG
 周りから見たら怪しい集団だ。ww
IMG_6903.JPG
 時々路上ミィーティング。
 カフェに入って、その場でUIをいじってもいいよ。
IMG_6905.JPG
 フィールドノートは、人に見せる訳ではないので自分さえ分かれば良い方法で速記しよう。
IMG_6906.JPG
 いろいろな人のフィールドノーツ集というのがあれば買ってみたい。w
IMG_6908.JPG
 操作のムービーを撮る。
 サファリが進むにつれて、視点もどんどん変わってくる。これが次の開発にも活きるのだ。
IMG_6913.JPG
 シーン毎にペルソナも交代だ。
 ユーザー評価のような思考発話はかえって認知負荷がかかるので、操作をやるだけやってから回顧式のインタビュー(ミーティング)をしよう。
IMG_6914.JPG
 そろそろ、このチームとは別れてと。
IMG_6917.JPG
 博多駅から柳橋連合市場まで来てしまった。
IMG_6918.JPG
 那珂川にかかる柳橋。
IMG_5025.JPG
 ここには僕の好きなカフェ「manu coffee」があるのでひと休み。
 九産大の森田先生とおしゃべり。
IMG_6927.JPG
 会場に戻って来たら、評価をまとめて。
IMG_6919.JPG
 情報構造から修正。
IMG_6926.JPG
 「こんなこと、やんね〜よな。」とか。w
IMG_6925.JPG
 続いてUIの修正。
IMG_6929.JPG
 ここで作り込みに夢中にならずに、意見を交換しながら行う。
IMG_6932.JPG
 こういう仕事はみんな好きだよね。w
IMG_6937.JPG
 たった2時間ぐらい街に出て検証しただけで、直すことがこんなに沢山あることに気がつくものだ。
IMG_6939.JPG
 ここで気をつけなくてはいけないのが、作り込み過ぎないこと。
IMG_6940.JPG
 続いて、アクティングアウト用の背景も準備する。
IMG_6955.JPG
 プレゼンスタート!
IMG_6958.JPG
 アクティングアウトでユーザーの利用状況を説目します。
IMG_6959.JPG
 アクティングアウトも体験プロトタイピングの一種で、ユーザーの利用状況を説明することでオーディエンスからのリフレクションを得ようという技術です。
IMG_6963.JPG
 また頭ではOKと思っていても、一旦演じることによって「あれ?」と不条理に気がつく場合もある。w
IMG_6943.JPG
 ポイントは演者は説明的なセリフは言わないで、ナレーターが進行すること。
IMG_6944.JPG
 寸劇を演じるユーザー役は、絶対恥ずかしがらないこと。
IMG_6948.JPG
 真面目に演じれば演じるほど、いろいろな問題が分かるものだ。
IMG_6965.JPG
 また仕様書を見せられたのとは違って、オーディエンスも「何がしたいのか」はっきりと分かるものだ。
IMG_6953.JPG
 最近ではデザイン系大学生のプレゼンでは必須にしているところが多い。
 なにせ、学生の作品は何がしたいのか明確じゃないものが多いからね。ww
IMG_6973.JPG
 利用環境の写真をプロジェクションマッピングするのは、とても効果がある。
IMG_6982.JPG
 オーディエンスがその物語に引き込まれて、コンテクストの理解の助けになるからだ。
 意外と人間の目の解像度というのはいい加減なものなのである。
IMG_6984.JPG
 一番いけないのはスマホやPCをいじっているだけの演技。
 小道具を使うとか、もっと利用状況をはっきり分からせる演技をしよう。
IMG_6987.JPG
 今の若い人はスマホだけで生きていて、リアルな生活が無いのかも。。
IMG_6988.JPG
 写真は、後でストーリーボーディングとかで使えるので、沢山撮って下さい。
IMG_6992.JPG
 この段階でのプロトタイプは、どちらかというとラフなワイヤーフレームの方が良い。
 プロの慣れている方は、完成度が高いとクライアントからのダメ出しが無いのを知っているのでついつい作ってしまうのだが。
 この段階ではラフな手描きのワイヤーフレームの方が、本質的な構造が見えやすいので推奨。
IMG_7006.JPG
 終了後、DMM.comの源さんから優秀賞の発表。
IMG_7003.JPG
 おっと!商品が出た。w
IMG_7012.JPG
 ハードな2日間が終わって、ビアバッシュでお疲れさま会。
IMG_7013.JPG
 とってもお世話になったUX福岡の吉川さん。
 11月にはUX Japan Forum 2015 in福岡があるので、ますます忙しい。w
IMG_7014.JPG
 福岡周辺の大学の学生さんが沢山集まって下さって面白かった。
 また、こういうのやりたいな。
IMG_5039.JPG
 大名の「煮込み」で2次会。
IMG_5037.JPG
 おお!なんか凄いぞ。
IMG_5038.JPG
 美味い美味い。
 福岡はいいな〜。
IMG_5040.JPG
 特上ホルモン。
IMG_5043.JPG
 いや〜、この1週間で函館・福岡と4回もワークショップを行った。
 凄く勉強になったが、流石にクタクタです。
 中旬からは台湾ツアーの引率が待ってる。ww

◇UXデザインワークショップ in 福岡アーカイブ
9月05日(土):1日目 ペーパープロトタイピング
9月06日(日):2日目 体験プロトタイピング

posted by アサノ | 06:11 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3530
トラックバック
Search this site